免税酒市場、2027年に161億米ドル到達見込み

2019年の免税酒市場規模は137億米ドルで、今後11.10%のCAGRで成長し、2027年には161億米ドルに達すると予想されています。免税酒とは、国の税金や関税、その他一定の地方税の支払いが免除される酒のことです。免税酒は、他国への旅行者に販売されます。また、免税酒は、空港、クルーズ船、鉄道駅、国境、繁華街、ホテルの売店など、様々なルートで提供されています。また、帰国前に余った外貨を使うために、免税店で酒類を購入する旅行者もいます。

COVID-19の危機により、海外旅行者数が減少しているため、免税店の売り上げにも大きな影響が出ています。世界の多くの地域でロックダウンが続いているため、免税店は売れ残りの在庫を抱えていますが、一部の小売業者は取引を継続するための想像力に富んだ方法を見つけています。旅行小売市場が一時的に停止しているため、免税酒は重要な販売チャネルが遮断されています。 免税酒類の売上高は、国際航空便の運航停止により大幅に減少しました。

免税店は、旅立ちの前に買い物をするのが好きな旅行者のお気に入りの場所となっています。これは、現地の輸入税や政府機関が実施する関税が免除されているためです。これにより、免税店で販売されている酒類や化粧品、香水、土産物などの商品の価格が安くなっています。世界の酒類免税市場は、都市化の急速な進展に牽引されています。北米と欧州は最も都市化が進んでいる地域の一つで、都市人口はそれぞれおよそ80%に達しています。アフリカとアジアの都市人口はそれぞれ40%と48%で、比較的低いシェアとなっています。WHOなどの調査によると、アフリカとアジアは急速な都市化傾向が予想される主要地域であり、2050年までに都市化率はそれぞれ56%と64%になると予測されています。

インドと中国は、都市人口が増加している2つの主要国であり、免税酒市場の潜在的な地域です。さらに、旅行・観光産業の発展も、予測期間中の市場成長を促進すると予想されています。これは、旅行・観光には、レジャー観光、ビジネス観光、その他が含まれるためです。

旅行・観光産業の成長を促進する要因としては、ライフスタイルの変化、観光プロモーションの増加、旅客数やフリークエントフライヤーの増加などが挙げられ、これらが免税酒市場の成長を促進すると予想されています。消費者は、空港や駅、クルーズ船などに設置された免税店で酒類を購入する傾向があります。これは、通常の店舗で販売されている酒類に比べて安価に購入できるためです。また、可処分所得の増加も、今後数年間の免税酒市場を牽引する重要な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]