自動車用セラミック市場、2027年に31億米ドル到達見込み

自動車用セラミック市場の展望 – 2027

自動車用セラミック市場は、2019年に19億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて6.5%のCAGRで成長し、2027年には31億米ドルに達すると予測されています。

自動車用セラミックは、ジルコニアやアルミナなどの高度なセラミック材料から作られた部品で構成されています。セラミック部品は、ノックセンサー、バルブシステム、スーパーチャージャーなどのエンジン部品に使用されています。また、燃料レベルセンサー、液面センサー、自動車の排気ガス浄化用の酸素センサーなどの各種センサーやアクチュエーターにも使用されています。セラミック材料は、金属などの従来の材料に比べて軽量で、プラスチックに比べて耐久性に優れています。また、高温での性能も優れています。

自動車の排ガス規制の変化、低燃費車に対する消費者の需要の増加、電気自動車の増加は、自動車用セラミック市場の主要なドライバーです。

温室効果ガスを削減するために、自動車メーカーに車両性能の向上を迫る排出ガス規制の変更が行われています。例えば、欧州連合(EU)は、温室効果ガスや汚染物質の排出量削減に積極的に取り組んでいます。2014年には、ユーロ5の後継となるユーロ6の排出基準が施行されました。これにより、車両の排気システムに修正が加えられました。そのため、世界中で厳しい規制が行われ、新しいセラミック製品の生産が行われました。燃費向上のためのエンジンブロックの改良では、エンジンの軽量化のためにセラミックが利用されると予想されます。さらに、ターボチャージャー付きエンジンや直接燃料噴射システムなどのエンジン技術により、より効率的なエンジンの設計と運用が可能になります。これにより、セラミック材料を使用したセンサーの需要が増加すると予想されます。乗用車だけでなく商用車の需要増加に対応して世界の自動車生産台数が増加していることが、自動車用セラミック市場の成長を後押ししています。2019年には9,280万台の自動車が生産されましたが、これは予測期間中に増加することが予想されます。しかし、COVID-19パンデミックの影響で、自動車生産台数の減少が推定されています。自動車産業を多様化するもう一つの重要なトレンドは、自動化のレベルです。自動車運転の自動化は、より多くのセンサーや電子部品を使用すると予想されます。2019年、セラミックの世界的メーカーであるCoorsTekは、電気自動車及びハイブリッド車技術向けの自動車用セラミックのポートフォリオを展示しました。

しかし、自動車業界向けのセラミック部品の開発は、設計と開発に資本集約的です。また、アプリケーションごとにカスタマイズされた部品設計が必要となり、最終的なコストが増加してしまいます。この要因が、予測期間中の自動車用セラミック市場の成長を妨げると予想されます。逆に、セラミックベースの部品を製造するための低コスト製造技術の開発は、自動車用セラミック市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]