豆乳市場、2027年に2億5,120万米ドル到達見込み

2019年の豆乳市場は1億2,290万米ドルで、今後10.5%のCAGRで成長し、2027年には2億5,120万米ドルに達すると予想されています。2019年の豆乳市場への貢献度は北米が最も高く、4,620万米ドルでした。豆乳は乾燥したエンドウ豆から作られ、オリジナル、無糖、バニラ、チョコレートなど様々なフレーバーで加工されています。

豆乳業界の成長は、世界中でビーガンやダイエット意識の高い消費者が増加していることが背景にあります。さらに、腸内酵素であるラクターゼの欠乏による乳糖不耐症が増加していることも、乳製品を含まない食品やビーガン食品の需要を促進しています。植物性乳製品は、成熟市場および新興市場で人気が高まっています。これは、乳製品にアレルギーを持つ人が増えていることが原因です。さらに、健康意識の高まりと可処分所得の増加により、豆乳の市場規模は拡大しています。さらに、様々な企業が健康に良い成分を追加導入していることも、豆乳市場の成長を大きく後押ししています。しかし、原料価格の変動や、豆乳の製造過程における植物由来の乳成分の抽出コストの高さが、豆乳市場の主な成長阻害要因となっています。一方で、ビーガンの人々による乳製品を使わない製品への需要の急増や、新しいフレーバーや種類の豆乳の登場は、豆乳市場に有利な機会をもたらすと予想されます。

世界の豆乳市場は、フレーバー、パッケージタイプ、流通チャネル、地域に分類されます。フレーバー別では、豆乳市場はオリジナル、無糖、バニラ、チョコレートに分類されます。パッケージングタイプでは、ボトルとアセプティックカートンに分類されます。流通チャネル別では、小売店、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマース、その他に区別されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

フレーバー別では、2019年はオリジナルフレーバーセグメントが最も顕著でしたが、予測期間中はバニラフレーバーセグメントが引き続き優勢であると予想されます。比較的安価なフレーバーであるバニラは世界的に広く消費されており、豆乳市場での採用が増加すると考えられます。チョコレートフレーバーは、予測期間中に11.3%の顕著なCAGRで成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]