水陸両用車市場、2027年に50億2,910万米ドル到達見込み

水陸両用車市場の統計 – 2027

水陸両用車の市場規模は、2019年には27億4,030万米ドルでしたが、2020年から2027年にかけて8.5%のCAGRを記録し、2027年には50億2,910万米ドルに達すると予測されています。

 COVID-19のパンデミックにより、各国政府は医療や経済の保護に支出を集中させることを余儀なくされており、その結果、国防費の優先順位が下がる可能性があります。一部の国では、すでに2020年の国防予算の削減を発表しています。インドやタイは、COVID-19危機の中で国防費の削減を発表した最初の国の一つです。例えば、ヨーロッパやラテンアメリカでCOVID-19の症例が増加しており、スペインのNavantia社やIndra社など多くの防衛企業の操業が部分的または完全に停止したり、機能が規制されるなどの影響を受ける可能性があります。このように、パンデミックの直接的な影響は世界中の防衛予算に及んでおり、これが水陸両用車市場に影響を与えると予想されています。

水陸両用車とは、陸上だけでなく、水中や海中でも走行可能な輸送機です。このタイプの車両は、多目的に使用できます。それは、軍事および監視活動の分野でその様々なアプリケーションのための防衛のために使用することができます。このタイプの車両は、人気の高まりと技術の進歩により、ウォータースポーツやレクリエーション、水上輸送など、さまざまな商業用途に使用されています。さらに、水陸両用の掘削機は、河床、沼地、湖、池、貯水池の維持管理、環境浄化などの浚渫用途にも使用されています。

水陸両用車の導入を促進する防衛分野への投資の増加と、商業用途の需要の急増が、市場の成長を促進する要因となっています。しかし、水陸両用車の初期コストが高く、サービス性の向上に伴う運用コストの増加が市場成長の妨げとなっています。さらに、海洋用途での先進的な水陸両用戦闘車(ACV)の使用の増加や、浚渫や掘削用の水陸両用掘削機の需要の急増は、水陸両用車市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

市場は、推進方法、用途、最終用途、地域に基づいて分類されています。推進モードでは、ウォータージェット、トラックベース、スクリュープロペラに分けられます。用途別では、監視・救助、ウォータースポーツ、水輸送、掘削に分けられます。用途別では、防衛用と商業用に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられます。

水陸両用車市場に参入している主要企業は、BAEシステムズ社、EIKエンジニアリング社、ゼネラル・ダイナミックス社、日立建機株式会社、ロッキード・マーチン社、マーシュ・バギーズ・インコーポレイテッド社、ラインメタルAG社、サイエンス・アプリケーションズ・インターナショナル・コーポレーション(SAIC)、ウェットランド・イクイップメント・カンパニー社、ウィルコ・マニュファクチャリングLLC社などです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]