空港免税酒市場、2027年に104億米ドル到達見込み

空港免税酒の市場規模は、2019年に89億米ドルとなっており、今後、年率22.22%で成長し、2027年には104億米ドルに達すると予想されています。

空港免税酒とは、国税や関税、その他一定の地方税の支払いが免除される酒類を指し、他国に渡航する旅行者向けに販売されます。空港には免税酒を販売するショップや小売店があります。また、帰国前に余った外貨を使用するために、空港の免税店で酒類を購入する旅行者もいます。空港の免税店については、さまざまな国で独自のルールや規制があります。例えば、シンガポールでは関税を払わずにタバコを持ち込むことはできないが、インドでは入国した外国人乗客が免税店で2本または2リットルのアルコールと1カートンのタバコを購入することができます。

COVID-19危機の影響で海外旅行者が減少し、空港の免税品販売に大きな影響が出ています。世界の主要地域でロックダウンが続いているため、空港の免税店では売れ残りの在庫を抱えていますが、一部の小売店では取引を継続するために工夫を凝らしています。トラベルリテール分野の市場が一時的に停止しているため、空港免税酒は決定的な販売チャネルの遮断を経験しました。空港免税酒の売上は、国際便の運航停止により大きく減少しました。

空港の免税店は、旅立ちの前に買い物をしたい旅行者のお気に入りの場所となっています。これは、現地の輸入税や政府機関が実施する関税が不要になることが理由です。これにより、酒類をはじめ、化粧品、香水、土産物など、免税店で販売されている商品の価格が安くなっています。

インドと中国は、都市人口が増加している2つの主要国であり、空港免税酒市場の潜在的な地域です。空港免税酒市場は、旅行・観光産業の発展によって牽引されており、これも予測期間中の市場成長を促進すると予想されています。これは、旅行・観光産業には、レジャー観光、ビジネス観光、その他が含まれるためです。航空業界の継続的な成長、航空交通量、観光産業の成長が、空港免税酒業界の成長を後押しする主な要因となっています。

旅行・観光産業の成長を促進する要因としては、ライフスタイルの変化、観光プロモーションの増加、旅客数やフリークエントフライヤーの増加などが挙げられ、これらが空港免税酒市場の成長を促進すると予想されています。消費者の多くは、空港に設置された空港免税店で酒類を購入する傾向にあります。これは、通常の店舗で販売されている酒類と比較して安価に入手できるためです。また、可処分所得の増加も、今後数年間の空港免税酒市場の成長を促進する重要な要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]