製品情報管理(PIM)市場、2027年に592億5,000万米ドル到達見込み

製品情報管理市場の統計:2027

製品情報管理の市場規模は、2019年には99億米ドル、2020年から2027年にかけて25.2%のCAGRで成長し、2027年には592億5,000万米ドルに達すると予測されています。製品情報管理(PIM)は、製品データとデジタル資産の管理を統合し、コラボレーションによるデータエンリッチメントを効率化するビジネスアプリケーションです。PIMは、複雑化する製品コンテンツの要求を標準化し、信頼できる高品質の製品情報を販売チャネルやマーケティングチャネルにシンジケートすることができます。

COVID-19のパンデミック時には、Eコマース部門の需要が急増しました。これにより、製品情報管理ソフトウェアの需要が増加しました。特に小売業界では、製品情報管理ソフトウェアは、オンラインでの競争状況に関する洞察をメーカーに提供するのに役立ちます。また、PIMは、企業が多くのウェブサイト上で製品の表示をコントロールするためのツールを提供します。

将来の商取引のためのより良い製品情報への需要の増加、繁栄しているEコマース業界からの製品情報管理ソフトウェアへの需要の増加、チームの生産性向上の必要性、製品データのキュレーションと管理の必要性の増加などが、製品情報管理市場の成長を促進する主な要因となっています。しかし、熟練したITスタッフの不足やデータの不正確さが市場の成長を制限すると予想されます。一方で、人工知能や機械学習機能を統合して情報管理や顧客体験を向上させることや、クラウドベースの製品情報管理ソリューションに対する需要の高まりは、分析期間中にPIM市場の拡大に有利な成長機会を提供することが予想されます。

2027年の製品情報管理の市場規模は、コンポーネント別では、製品情報管理ソフトウェアセグメントが圧倒的に大きいと予想されます。これは、製品情報管理ソリューションが、複雑化する製品コンテンツへの要求を標準化し、マルチチャネルマーケティングソフトウェアツールとして機能し、企業のすべてのカタログおよび在庫データをリアルタイムで追跡し、コンバージョン率を向上させ、ブランドが使用するすべてのチャネルの画像、動画、製品説明を同期させるなどの利点を持つためと考えられます。

産業分野別に見ると、小売業界の流通・サプライヤーネットワークが世界的に複雑化していることから、2019年の製品情報管理市場シェアは小売分野が最も高くなっています。そのため、すべての流通チャネルに効果的な製品情報を提供して売上を伸ばすために、企業はPIMソフトウェアを採用しています。また、世界中でeコマースが拡大していることから、業界のプレーヤーは、製品コンテンツの維持、消費者の体験の向上、オンラインプラットフォーム上でのカスタマーレビュー、評価、顧客行動の維持に注力しています。これがPIMソフトウェアセグメントの成長につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]