ペット用サプリメント市場、2027年に8億2,260万米ドル到達見込み

2019年のペット用サプリメント市場規模は5億9,680万米ドルで、2021年から2027年までのCAGRは7.3%を記録し、2027年には8億2,260万米ドルに達すると予測されています。

ペット用サプリメントとは、ビタミン、タンパク質、ミネラルの不足を補うために、栄養源を凝縮した動植物の原材料を使った加工食品を指します。犬、猫、淡水魚、爬虫類、馬、鳥などのペットの健康増進に役立つ必須栄養素を提供します。ペットを飼う人が増え、動物愛護への関心が高まっていることが、予測期間中のペット用サプリメント市場の成長を促進すると考えられます。さらに、毛が抜けない、手入れが簡単、トレーニングが不要などの利点から、アノール、ベアードドラゴン、レオパードゲッコー、リクガメなどの爬虫類をペットとして飼う傾向が大幅に増加しています。また、ペット用サプリメントに対する消費者の意識が高まっていることや、オーガニックペットフードの採用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックの発生は、消費財産業に悪影響を及ぼしていますが、動物用食品とサプリメントの市場は、その影響が大幅に少なくなっています。コロナウイルスの感染を防ぐために、人々は家に留まることが制限されています。ほとんどの国では、国境が閉鎖されており、ペット用サプリメントの輸出入や製造プロセスに直接影響を与えています。さらに、サプライチェーンが滞り、市場全体が混乱しています。ロックダウン期間中、人々はペットと一緒に自宅に隔離されたため、ペット用サプリメントの販売が増加しました。COVID-19の症例が減少し、COVID-19感染症を治療するためのワクチンが導入されたことで、ペット用サプリメント業界が再び地位を確立することが期待されています。

ペット用サプリメント市場は、ペット、用途、供給源、流通チャネル、地域に分かれています。ペットを基準にすると、市場は犬、猫、淡水魚、その他に分類されます。用途別では、マルチビタミン、スキン&コート、ヒップ&ジョイント、プレバイオティクス&プロバイオティクス、カーミング、その他に分類されています。流通チャネルによって、オフラインとオンラインに二分されます。 ソースに基づいて、市場はオーガニックと従来型に分類されています。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、ロシア、イタリア、スペイン、その他欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]