産業用冷凍・冷蔵機市場、2027年に280億4,410万米ドル到達見込み

産業用冷凍・冷蔵機の市場規模は、2019年に214億500万米ドル、2020年から2027年にかけて5.5%のCAGRを記録し、2027年には280億4,410万米ドルに達すると予測されています。産業用冷凍・冷蔵とは、低温媒体から熱を取り除き、高温媒体に移すために、冷蔵・冷却システムを用いて冷却するプロセスを指します。産業用冷凍・冷蔵機は、大規模な冷凍・冷蔵プラントに導入され、食品・飲料加工、冷蔵倉庫など様々な産業用途に使用されています。

発展途上国ではパッケージ化された加工食品・飲料の使用が増加しており、半加工食品・飲料の腐敗を防止するため、FMCG産業における産業用冷凍・冷蔵機の需要が増加していることが、市場の成長を大きく牽引しています。さらに、新興国では冷蔵倉庫のインフラを整備する動きが活発化しており、これが市場の成長を後押ししています。しかし、運転時のエネルギー消費量が多いことや、産業用冷凍・冷蔵機のメンテナンスへの投資が多いことが、産業用冷凍・冷蔵機市場の成長を妨げています。さらに、COVID-19が発生した際には、建設業、製造業、ホテル、観光業などが大きな影響を受けました。製造業の活動も大幅に停止または制限されました。また、建設業や輸送業、さらにはそれらのサプライチェーンが世界的なレベルで阻害されました。これにより、冷凍・冷蔵機の製造が減少し、産業用冷凍・冷蔵機市場に直接的な影響を与えました。しかし、食品・飲料、下水処理場、製薬会社などはフル稼働していたため、産業用冷凍・冷蔵機市場は安定していました。 しかし、徐々にすべての産業が通常の生産やサービスを再開しつつあります。これにより、冷凍・冷蔵機メーカーがフル稼働を再開し、2022年半ばには市場が回復に向かうことが期待されています。

逆に、革新的なIoT対応の冷凍モニタリングソリューションなどの先端技術の導入は、産業用冷凍・冷蔵機市場の成長機会を提供します。

産業用冷凍・冷蔵機市場は、提供物、コンポーネント、冷媒タイプ、アプリケーション、タイプ、地域に分けられます。オファリングに基づいて、市場は産業用冷凍・冷蔵庫とコンポーネントに分けられます。コンポーネントでは、コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他に分別されます。冷媒の種類によって、アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン、その他に分類されます。用途別では、生鮮果実・野菜、肉・鶏肉・魚、乳製品・アイスクリーム、飲料、化学品、医薬品、その他に分類されます。タイプ別では、据置型凍・冷蔵と輸送型凍・冷蔵に分けられます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、ロシア、ベラルーシ、クロアチア、チェコ、ハンガリー、リトアニア、ポーランド、ルーマニア、セルビア・モンテネグロ、ブルガリア、スロバキア、ウクライナ、その他欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、オーストラリア、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、アフリカ、トルコ、カザフスタン、その他中東)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]