折りたたみ自転車市場、2027年に12億6,098万米ドル到達見込み

折りたたみ自転車の市場統計2020-2027

折りたたみ自転車市場は、2019年には7億9,090万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて8.7%のCAGRを記録し、2027年には12億6,098万米ドルに達すると予測されています。

自動車業界のプレーヤーは、生産活動の完全な停止、政府による工場閉鎖の義務化、必須部品の入手不能などの問題に直面しています。生産に必要な原材料が入手できないことは、市場の成長にマイナスの影響を与えています。折りたたみ自転車市場は、他の人との接触を避けるために公共交通機関の利用者数が減少するという要因により、早期に成長傾向を取り戻しました。

折りたたみ自転車は、コンパクトに折りたためるように設計された2輪車で、持ち運びが容易なだけでなく、スペースを取らないのが特徴です。折りたたみ自転車は、従来の自転車と比較して、混載が可能であること、盗難の可能性が低いこと、持ち運びや保管が容易であること、電動であることなど、多くの特徴を備えており、機動性と快適性に優れています。さらに、職場や駅、自宅などの移動距離が長くなったことで、日常的な移動手段として自転車を利用する人が増えています。そのため、自転車を導入する傾向が強まっており、予測期間中に折りたたみ自転車市場の成長が期待されています。

電動アシスト自転車の使用を奨励する政府規制の実施、環境に優しく効率的な通勤手段としての電動アシスト自転車の使用に対する消費者の関心、燃料費の増加などの要因が、世界の折りたたみ式自転車市場の成長を促進しています。さらに、電動アシスト自転車のコストが高いことが、折りたたみ自転車市場の成長にマイナスの影響を与えている唯一の要因です。しかし、自転車のインフラやバッテリー技術の向上は、有利な機会を生み出し、折りたたみ自転車市場の成長を補う要因となっています。

折りたたみ式自転車市場は、製品タイプ、駆動タイプ、用途、価格帯、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。製品タイプに基づいて、市場は中折れ、縦折れ、三角ヒンジに分類されています。駆動方式では、バイクの推進力を決定する従来型と電動式に分類されています。用途別では、スポーツ、フィットネス、商業、その他に分類されています。価格帯に基づいて、折りたたみ自転車市場は、低価格、エコノミー、プレミアムに分類されています。流通チャネルに基づいて、折りたたみ自転車市場は、オフラインとオンラインに分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]