ペイントローラー市場、2027年に31億8,220万米ドル到達見込み

ペイントローラーの市場展望-2027

ペイントローラーの市場規模は、2019年に23億8,460万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて5.5%のCAGRを記録し、2027年には31億8,220万米ドルに達すると予測されています。ペイントローラーは、平らな面を効率的に塗装するために使用される塗装ツールです。ローラーフレームと、塗料を吸収して表面に塗布するカバーで構成されています。柄の部分は塗装作業者がローラーを握るためのもので、ローラーフレームはローラーカバーに接続されています。ローラーカバーは、使用後に洗浄して再利用したり、廃棄したりすることができます。

COVID-19の発生は、各国での封鎖措置や、工業・住宅・商業スペースの壁や天井などの塗装に使用されるペイントローラーの製造・生産の遅れにより、ペイントローラー業界の成長に影響を与えました。

商業インフラの整備に対する需要の高まりが、ペイントローラー市場の成長を後押ししています。新興国では、産業インフラの整備が市場の成長にプラスの影響を与えています。また、都市化や人口の急増により、ペイントローラーの需要が高まっています。さらに、先進地域では、商業ビルの需要の増加が引き続き市場成長を牽引すると予想されます。例えば、2018年3月、大手民間投資会社のArdianは、ドイツ、フランス、イタリアの商業用不動産への投資のために、8億米ドル以上を調達しました。

さらに、アジア太平洋地域やLAMEAなどの経済圏における工業化の進展は、世界のペイントローラー市場の発展に有利な機会を提供すると予想されます。

また、住宅開発の需要の伸びが市場の成長を大きく後押ししています。米国国勢調査局と米国住宅都市開発省がまとめて発表した2018年6月の月の現行住宅建設統計では、2018年7月までに126万1,000戸の住宅完成が見込まれているとしています。

さらに、建設業界は、中国、米国、インドなどの国が牽引して、2030年までに8兆米ドルに成長すると言われています。そのため、2030年には世界経済の中で建設業界が占める割合が大きくなると予想されています。都市人口の増加と住宅建設産業の増加を考慮すると、ペイントローラー市場は大きな成長が見込まれます。

政府は、インフラ整備に関連する多くの取り組みを行っています。経済成長はその大きな原動力の一つです。同時に、インドやインドネシアなどの発展途上国における経済の向上は、大規模な外国投資をもたらし、その後、様々な分野のインフラプロジェクトにおける建設機械の需要を高める要因となっています。例えば、2019年12月、インドは今後5年間で1兆3,900億米ドルのインフラ開発プロジェクトへの投資を計画しました。同様に、2019年4月、ロシア政府は、住宅、商業、その他のインフラを含むインフラ開発のための6年間の近代化計画に約960億米ドルを投資しました。これにより、市場の成長に有利な成長機会がもたらされると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]