産業用接着剤市場、2027年に549億米ドル到達見込み

産業用接着剤市場の展望 – 2027

産業用接着剤市場は、2019年に390億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて6.3%のCAGRで成長し、2027年には549億米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の発生により、自動車や建築などの最終用途産業の製造活動が停止し、結果的に産業用接着剤の需要が妨げられました。

産業用接着剤は、様々な基材を表面結合や凝集によって接着するために使用されます。

また、産業用接着剤は、材料や部品の製造を支援するために設計されています。これらの製品は、剥離力や極度の衝撃に耐え、高い剪断力を持ち、優れた耐熱性と耐薬品性を備えています。

産業用接着剤は、機械的な締め付けや溶接などの接合方法に代わる優れた材料であり、製造コストの削減や製品の信頼性向上、性能や寿命の向上など、さまざまな企業が競争上の優位性を得るために役立っています。しかし、原材料価格の変動は、産業用接着剤市場の成長を妨げる要因の一つとなっています。一方で、アジア太平洋地域およびLAMEAにおける消費者の増加は、今後数年間、市場の主要な参加者に有利な機会を提供すると予想されます。産業用接着剤の消費者層としては、航空宇宙や包装材などが発展途上地域で急成長しています。

産業用接着剤市場は、組成、タイプ、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。組成によって、市場はポリウレタン、エポキシ、ビニル、アクリル、その他に分けられます。タイプ別では、産業用接着剤市場は、水性接着剤、溶剤系接着剤、ホットメルト接着剤、その他に分類されます。エンドユース産業を基準にすると、市場は包装産業、建設産業、自動車産業、電気・電子産業、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

産業用接着剤市場の主要企業には、3M Company、Arkema S.A.、Avery Dennison Corporation、H.B. Fuller、Henkel AG & Co. KGaA、Parker Hannifin Corp、Jowat SE、Pidilite Industries Limited、Wacker Chemie AG、Deloなどがあります。

産業用接着剤市場:組成別

組成別では、2019年にアクリルセグメントが数量ベースで33.6%のシェアを獲得し、予測期間中に4.7%のCAGRで成長すると予想されています。これは、包装、建設、自動車などのエンドユース産業での圧倒的な用途に起因しています。また、新興国でのインフラ整備や政府の支援政策により、建設業界での産業用接着剤の需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]