水路測量機器市場、2027年に41億3,698万米ドル到達見込み

水路測量機器市場の展望 – 2027

水路測量機器市場は、2019年には29億5,040万米ドルとなり、2027年には41億3,698万米ドルに達し、5.6%のCAGRを記録すると予測されています。

COVID-19の発生により、世界各国の政府は、ウイルスの拡散を抑えるために、かなりの期間、港の厳格な閉鎖を実施せざるを得なくなりました。その結果、世界各地で水運を利用した輸出入や旅行が急激に減少しました。そのため、世界的に定期的な水路調査の需要が急減しました。

水路測量とは、海底地形測量とも呼ばれ、海洋工事、海洋石油探査、海洋石油掘削、海上交通、浚渫などの活動に影響を与える水中の特性を測定し、記述することです。これらの情報は、ラスター海図や電子海図の作成に使用されます。水深測量には、シングルおよびマルチビームエコーサウンダー、ソナーなどのセンシングシステム、慣性航法システム(INS)、音響測位システム、人工衛星、陸上測位システムなどの測位システム、運動基準器、潮位計・波浪計、磁力計、流速計、音速・CTDプロファイラーなどの海中センサー、ソフトウェア、無人探査機などの機器が使用されます。これらの機器により、優れた品質の水深データを大量に取得し、ソフトウェアを用いて処理・配信することが可能となります。また、ビッグデータや機械学習技術の活用により、水路測量機器で取得したデータの有用性を高めています。

3Dや4Dといった技術の進歩は、水深調査に取り入れられ、港の所有者や管理者がその地域のより良い全体像を把握することを可能にしました。4D技術は、周辺海域の開発状況をより現実的に把握することができるため、港湾の予測評価を向上させることができます。

水路測量機器市場は、タイプ、深度、プラットフォーム、アプリケーション、エンドユーザー、地域に分かれています。タイプ別では、センシングシステム、ポジショニングシステム、サブシーセンサー、ソフトウェア、無人ビークル、その他に分けられます。水深に基づいて、同市場は浅い水域と深い水域に二分されます。プラットフォームに応じて、水上船舶、USVおよびUUV、航空機に細分化されています。アプリケーションに基づいて、市場は、水路・海底調査、港湾管理、オフショア石油・ガス調査、ケーブル・パイプラインルート調査、その他に分類されます。エンドユーザーに基づいて、市場は商業、研究、および防衛に分配されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

海洋プロジェクトにおける水路測量の意義

水路測量は、水中に存在する物理的特性の調査を行います。海洋工事、海洋掘削、浚渫など、あらゆる海洋活動に影響を与える水中のあらゆるパラメータを測定する研究です。水路測量士は、海底の正確なノウハウを得るために地下調査を行い、凹凸や高低差を見つけます。マッピング技術の進化により、水中の状況を3Dや4Dで見ることができるようになり、アセットマネージャーやオペレーターに新たな視点をもたらしています。4D技術は、時間の特徴を加えることでデータの有用性を高めます。例えば、開発のための洗掘を経時的に確認することができるなど、より現実的な洞察を与えることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]