指紋センサー市場、2027年に94億1,000万米ドル到達見込み

指紋センサー市場の展望 – 2027

指紋センサーの市場規模は、2019年に29億3,000万米ドル、2020年から2027年にかけて14.5%のCAGRを記録し、2027年には94億1,000万米ドルに達すると予測されています。指紋センサーは、生体指紋スキャナなどの指紋検出デバイスに使用されます。これらのデバイスは、主に指紋検出モジュールに内蔵されており、安全性と真正性のために使用されます。生体指紋スキャナの主な特徴は、独自の指紋生体認証技術に基づく精度、性能、堅牢性です。指紋スキャナは、非常に安全で適切なデバイスです。指紋センサーの動作原理は、主に処理に依存しています。指紋の処理には、主に登録と照合という2つの要素があります。

世界の指紋センサー市場は、世界的な製造拠点の閉鎖により、マイナス成長が予想されています。

光学式指紋センサーは、認証されたユーザーに対して、個人の連絡先、電子メール、支払い情報、位置情報、その他の暗号化されたデータへの迅速かつ安全で容易なアクセスを提供します。指紋センサーは、記録の保存や出勤簿の管理を迅速に行うことができます。他のバイオメトリクス認証システムと比較してコストが低いことは、指紋センサー市場規模の成長をさらに高めます。

また、政府や法執行機関がセキュリティ向上のために指紋センサーを利用した生体認証システムを普及させていることも、指紋センサー市場シェアの成長を後押ししています。さらに、企業や政府機関において、労働者の勤務時間や生産性を測定するために、バイオメトリクスを利用した勤怠管理システムの導入が進んでいることも、指紋センサー市場の成長を支えています。

スマートフォンやその他の家電製品への光学式指紋センサーの導入、政府による指紋センサー導入のための資金援助、モバイルコマースでの生体認証の利用などが、指紋センサー市場の主な推進要因となっています。また、スマートフォンに指紋センサーを採用し、電話やアプリのロック解除、決済などのタスクを実行することで、市場の成長が見込まれています。また、指紋読み取り技術の継続的な開発と革新が、家電製品の市場成長を支えています。

家庭用電化製品における生体認証用の指紋センサーの広範な使用、政府機関における生体認証の採用の増加、アイデンティティに関する脅威の増加、タッチレス指紋技術の出現などの要因が、世界の指紋センサー市場の成長の主な要因となっています。しかし、バイオメトリックデータベースに関連するセキュリティ上の脅威や、バイオメトリック技術に関連する高コストが、市場にとって大きな脅威となることが予想されます。さらに、IoTベースのバイオメトリクス技術に向けた新たなトレンドや、スマートフォンのディスプレイ内指紋センサーの採用の増加は、世界的に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]