セルラーガラス市場、2027年に6億6,900万米ドル到達見込み

セルラーガラス市場の展望 – 2027

セルラーガラス市場は、2019年に5億100万米ドル、2020年から2027年にかけて4.7%のCAGRで成長し、2027年には6億6,900万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の発生は、セルラーガラス市場にマイナスの影響を与えています。これは、COVID-19の発生が、石油・ガス、工業、建築などのセルラーガラスの主要消費者に悪影響を与えたためと考えられます。

セルラーガラスは、発泡ガラスとしても知られており、ガラスセルを封入した軽量で剛性の高い堅牢な素材で、断熱材として広く使用されています。圧縮強度が高く、湿気に強く、熱や寸法の安定性が高いなどの物理的特性を有しています。セルラーガラスは、ガラスと炭素を高温で反応させて製造されます。透過性があるため、土壌の湿気にも強いです。さらに、極低温システムの断熱材や高温の石油貯蔵タンクの断熱材など、他の用途にも使用することができます。

セルラーガラス市場の成長要因は、極低温から過熱された産業用途の断熱に利用されていることです。セルラーガラスは、腐食防止、耐衝撃性、不燃性などの特性を備えているため、高負荷がかかる用途の断熱材として最適です。例えば、セルラーガラスはその圧縮強度により、LPG、LNG、LOX、エチレン、アンモニア、液体窒素などのタンクの断熱材として使用されています。さらに、産業用火災安全のニーズの高まりも、セルラーガラス市場の成長を促す大きな要因となっています。セルラーガラス断熱材は、不燃性・非吸水性であるため、防火壁の配管貫通部の断熱材として適しています。しかし、石油・ガス産業でポリイソシアヌレート(PIR)が断熱材として利用されていることが、セルラーガラス市場の大きな再起動要因となっています。例えば、PIRはセルラーガラスに比べて外周が10~20%小さいため、LNG配管の断熱に蒸気抑制剤やジョイントシーラントなどの付属品を追加する必要がありません。セルラーガラス市場は、その環境に優しい製造プロセスにより、今後新たな機会を提供すると予測されています。セルラーガラスは、再生ガラスを60%使用して製造されており、難燃剤やガス推進剤などの環境汚染物質を使用していません。 

セルラーガラス市場は、製品タイプ、種類、用途、地域に基づいて分類されています。製品タイプにより、市場はブロック&シェルと発泡ガラスグラベルに分類されます。タイプ別では、開放型ガラスと閉鎖型ガラスに分別されます。用途では、建築、工業、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。現在、同市場では、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めており、次いで北米、欧州となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]