RFIDロックの市場規模、2027年に99億3,000万米ドル到達見込み

RFIDロックの市場展望

RFIDロックの市場規模は、2019年に29億2,000万米ドル、2020年から2027年にかけて19.40%のCAGRで成長し、2027年には99億3,000万米ドルに達すると予測されています。

RFID(Radio Frequency Identification)ロックは、ICカードロックとも呼ばれ、鍵として電波カードを採用した電子錠です。従来の接触式のカードではリーダーとの物理的な接触が必要でしたが、RFID技術を用いることで、RFIDカードは非接触で開錠することができます。RFID技術は、電磁波を利用して信号を伝達する認識システムです。また、家庭用では、コストや伝統的なコンセプトから、RFIDロックシステムは機械式ロックの代替としては使用されていません。また、RFIDドアロックは、リアルタイムで有効・無効の判断ができます。同時に、RFIDカードの有効期間も設定できるため、RFIDカードの有効性を管理することができます。

RFID技術は、政府や住宅などの分野で重要な役割を果たしています。政府部門でRFID技術が採用される背景には、個人の資産や情報の安全性とセキュリティ、そして法の執行があります。いくつかの政府機関や法医学部門では、機密情報センターへのアクセス制御や従業員の認証などにRFIDロックを使用しています。

また、銀行や金融機関、企業などの商業部門では、PCやネットワークへのアクセス、物理的なアクセスなど、さまざまな用途でRFIDロック技術を採用し、強力な認証とセキュリティメカニズムを提供しようとしています。RFIDロックは、ホテル、病院、寮、商業施設などに最適です。商業施設や政府機関でのRFIDロックの採用が進むことで、RFIDロック市場に有利な成長機会がもたらされると考えられます。 

RFIDロック市場を牽引する要因としては、商業および政府機関におけるRFIDロックの使用率の高さ、スマートフォンの普及率の高さなどが挙げられます。スマートフォンの使用率の高さと、日々の活動におけるスマートフォンの数多くの機能の浸透が、RFIDロック市場の成長に有利な機会を提供しています。また、携帯電話やそのアプリケーションの使い勝手の良さは、RFIDドアロックの操作性を向上させ、顧客に製品サービスを提供することを可能にしています。これは、顧客にとって最も魅力的なことであり、スマートロックのユーザー数を増加させ、それによってRFIDロック市場の成長を支え、近距離無線通信(NFC)を備えたアクセスコントロールシステムの需要を増加させることが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]