光通信・ネットワーキング機器市場、2027年に268億3,000万米ドル到達見込み

光通信・ネットワーキング機器市場の展望 – 2027

光通信・ネットワーキング機器の市場規模は、2019年に157億2,000万米ドル、2020年から2027年にかけて7.2%のCAGRで成長し、2027年には268億3,000万米ドルに達すると予想されています。

光通信・ネットワーキング機器市場では、在宅勤務や遠隔地での作業時にネットワークを構築するニーズが高まっていることから、ITテレコム分野がプラス成長を遂げると予想されています。

光通信・ネットワーキング機器は、光を利用して信号を符号化し、様々な種類の通信ネットワークで情報を伝送する機器です。光通信・ネットワーキング機器は、光を利用して情報を伝送する機器であり、地域や都市部を横断する広域ネットワーク(WAN)や限定された範囲のローカルエリアネットワーク(LAN)、さらには長距離の国際・国内・大洋間のネットワークなどがあります。光通信・ネットワークを構成する光部品には、光増幅器、トランシーバー、終端装置、チューナブルフィルター、アドドロップマルチプレクサなどがあります。

光通信・ネットワーキング機器市場の成長は、COVID-19の発生により大きな影響を受けています。世界各地で労働力が低下し、利用できなくなったため、電子機器や半導体の生産設備が停止しています。 パンデミックによる世界的なサプライチェーンの混乱により、2020年の市場成長率は低下しました。

しかし、今後数年間で市場の成長率は回復すると予想されます。これは、世界各地で5Gの導入が急速に進んでいることに伴い、通信機器の需要増に対応するために企業が注力しているためです。また、パンデミックの影響で、データトラフィックの増加や、家庭での生活に伴う新たなブロードバンド需要により、世界中の光ファイバー・ブロードバンド回線数が増加しています。

例えば、メディア企業のIDATEと非営利団体のFTTHカウンシル・ヨーロッパによると、高速ファイバーは、2019年の8,810万戸から2026年までに欧州連合と英国の2億200万戸を通過するとしています。これは主に、COVID-19パンデミックによる高速インターネットサービスへの需要の加速によるものです。

セグメント概要

光通信・ネットワーキング機器の世界市場は、コンポーネント、技術、産業分野、地域に基づいて分類されます。コンポーネントを基準にすると、市場は光ファイバー、トランシーバー、スイッチ、その他に分類されます。技術別では、SONET、WDM、ファイバーチャネルに分類されています。産業分野別では、IT・通信、BFSI、軍事・防衛、石油・ガス、医療・ヘルスケアに分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]