中電圧ケーブル付属品市場、2027年に221億5,000万米ドル到達見込み

中電圧ケーブル付属品市場は、2019年に168億2,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて5.40%のCAGRを記録し、2027年には221億5,000万米ドルに達すると予測されています。中電圧ケーブル付属品は、3.3kVから33kVまでの範囲です。これらのケーブル付属品は、製品の性能を向上させ、高いネットワーク信頼性を維持するために、応力制御メカニズムのために特別に設計されています。中電圧ケーブル付属品は、配電ネットワークに不可欠な部品であり、設置される中電圧ケーブルと同様の基本機能を果たします。中電圧ケーブル付属品を設計する際に考慮される重要な要素には、絶縁材料、電気応力の制御、環境からの保護、ケーブル接続などがあります。

中電圧ケーブル付属品業界は、インフラ整備のための建設部門への大規模な投資により、予測期間中に成長が見込まれています。中電圧ケーブル付属品市場は、急激に増加する電力需要を満たすスマート電力網を開発するための政府による投資の増加によって牽引されると予想されています。

さらに、地下ケーブルの設置が急増しているため、中電圧ケーブル付属品の需要が高まっています。これらの要因を考慮すると、中電圧ケーブル付属品市場は今後も安定した成長が見込まれます。

また、再生可能エネルギーの活用や工業化の進展も、中電圧ケーブル付属品市場の成長を促す要因の一つです。しかし、中電圧ケーブル付属品の故障率の高さは、市場成長の大きな阻害要因となっています。さらに、e-モビリティの普及やデータセンターの急増は、中電圧ケーブル付属品市場に有利な機会をもたらします。

COVID-19の出現により、2020年の市場の成長率は低下し、2021年末には市場の成長は鈍化すると予測されます。建設業界におけるCOVID-19の流行の中で生じた、資源の入手可能性、健康と安全対策、成果物、契約上の義務、プロジェクトの遅延やキャンセルなど、いくつかの障害が主な原因となっています。

中電圧ケーブル付属品市場は、製品タイプ、技術、設置方法、産業分野別で分類されています。製品タイプ別では、ケーブルジョイント&スプライス、コネクタ、終端処理、その他の製品タイプに分類されています。2019年の売上高では、ケーブルジョイント&スプライスセグメントが市場を支配しており、予測期間中も同様の傾向をたどることが予想されます。技術に基づいて、同市場は熱収縮、冷間収縮、プレモールド端子に分別されています。2019年の売上高では熱収縮セグメントが市場を支配しており、予測期間中も同様の傾向が見込まれています。

設置方法別では、オーバーヘッド、地下、サブマリンで市場を分類しています。2019年にはオーバーヘッドセグメントが収益面で市場を支配しましたが、予測期間中はサブマリンセグメントが高い成長率を示すと予測されています。産業分野別では、鉄道、建設、民間公益事業、セメント、海洋、政府公益事業、石油・ガス、ヘルスケア、肥料、鉄鋼、その他に分かれています。2019年は政府公益事業分野が最も高い市場シェアを占めており、2020年から2027年にかけて建設分野が高いCAGRで成長すると予想されています。世界の中電圧ケーブル付属品市場は、地域別に、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、その他欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)で分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]