E-ヘルス市場、2027年に23億6,404万米ドル到達見込み

2019年のE-ヘルス市場は744億7,640万米ドルで、2020年から2027年にかけて14.5%のCAGRで2027年には23億6,404万米ドルに達すると予測されています。

E-ヘルスとは、広義には情報通信技術(ICT)を健康に活用することを指します。ICTは、医療健康記録、医療アプリ、遠隔医療などの形で広く利用されています。E-ヘルスを利用することで、病院の患者、スタッフ、財務に関するデータを電子的に保存することが可能になります。これにより、医療データの保存方法が変わりました。当初、データは医療スタッフが手作業で記録していました。一方、現在では、1つの固有の識別番号を入力するだけで、患者のすべてのデータを数秒で入手することができます。E-ヘルスは、従来の臨床データ管理方法と比較して、手作業による記録の使用を防ぎ、患者データへのタイムリーなアクセスを容易にするなど、複数の利点があります。さらに、自動化された相互運用可能な医療情報システムは、医療を改善し、医療費を削減し、効率を高め、エラーを減らし、患者の満足度を向上させるとともに、外来および入院患者の医療機関への払い戻しを最適化すると予想されます。

ほぼすべての国がCOVID-19感染症の発生に対応しています。COVID-19の発生が様々な医療関連市場に悪影響を及ぼしているため、ほとんどの市場が下落しています。このパンデミックは、将来的にE-ヘルス市場に成長の機会をもたらすと予想されます。E-ヘルス市場には、Cerner Corporation、GE Healthcare、Allscriptsなどの主要サプライヤーが含まれます。これらのサプライヤーは、北米、アジア太平洋、欧州、南米、欧州連合(RoW)の様々な国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。例えば、2020年4月、GE Healthcareは、マイクロソフトとの長年の協力関係を延長し、医療システム向けにクラウドベースのCOVID-19患者モニタリングソフトウェアを発売しましたが、これはE-ヘルス市場の成長をさらに後押しするでしょう。さらに、e-ヘルスプロバイダーは、COVID-19で利用可能なe-ヘルスソリューションの世界的な概要を提供するという課題を引き受けました。ソリューション・プロバイダー、医療システムをアドバイスするコンサルタント、医療専門家は、インターネット上でCOVID-19に関するソリューションを提供するよう求められています。

E-ヘルス市場の成長は、e-ヘルスソリューションやサービスの利用を支援する政府のイニシアティブの増加、e-ヘルスソリューションの利用による法規制遵守の管理ニーズの急増、医療従事者の不足などが主な要因となっています。しかし、医療従事者が先進的なe-ヘルスソリューションの導入に消極的であることや、e-ヘルスソリューションの導入・維持にかかるコストが高いことが、市場の成長を妨げています。逆に、新興国でのビジネスチャンスの増加、モバイルヘルス、テレヘルス、遠隔患者モニタリング市場の拡大、外来診療施設でのe-ヘルスソリューションの使用の増加は、市場成長に有利な成長機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]