ドリルパイプ市場、2027年に16億4,820万米ドル到達見込み

ドリルパイプの市場規模は、2020年から2027年にかけて5.2%のCAGRで成長し、2019年の12億8,430万米ドルから2027年には16億4,820万米ドルに達すると予想されています。ドリルパイプは、リグの掘削作業において、坑井内の掘削流体をドリルビットに伝達するために使用される肉厚で中空の配管です。ドリルパイプはシームレスのスチールパイプで、ドリルストリングアセンブリの構成要素と考えられており、「ツールジョイント」と呼ばれるネジ式の接続部で構成されています。さらに、ドリルパイプは、掘削流体による極端な外圧および内圧に耐えるように製造されています。ドリルパイプは、米国石油協会(API)が定める標準仕様に基づいて、サンプリング、製造、試験、検査が行われています。APIグレードに基づいて、ドリルパイプは一般的にEグレード、X-95、G-105、S-135として区別されます。しかし、ドリルパイプにはプレミアムグレードもあります。

COVID-19のパンデミックは、国際貿易の停止、ロックダウンの長期化、世界的な原油需要の減少などにより、ドリルパイプ市場に悪影響を及ぼしています。

新たな石油・ガス採掘場の探査・掘削活動の活発化がドリルパイプ市場の成長を牽引しています。掘削技術の進歩により、石油・ガスの探査活動が増加しています。資本支出を考慮すると、アジア、南アメリカ、アフリカが大きな成長を遂げています。新たな採掘・探査場所の開発は、ドリルパイプの需要を高め、それがドリルパイプ市場シェアの成長を促進しています。さらに、ドリルパイプを使用した水平方向掘削の人気の高まりが、ドリルパイプの需要を押し上げると考えられます。水平方向掘削(HDD)は、石油・ガス、公共事業、配管敷設などの小型リグの掘削に適していることから、ここ数年の間に人気を博しています。このように、HDDへの注目が高まっていることが、ドリルパイプ業界の成長を後押ししています。

しかし、原材料価格の変動がドリルパイプ市場の成長を制限しています。また、政情不安やバリューチェーンの混乱は、油井管商品(OCTG)の需要に大きな影響を与え、ドリルパイプ市場の成長を妨げています。また、COVID-19パンデミックの発生は、石油・ガスの採掘プロセスに大きな影響を与え、ドリルパイプの需要にマイナスの影響を与えています。また、国際貿易の突然の停止やロックダウン規制により、国際市場での石油需要が減少し、バリューチェーンが大きく混乱しました。

逆に、石油採掘時の二酸化炭素排出量の削減に向けた取り組みは、近い将来、新しいドリルパイプの需要を生み出す可能性があります。様々な石油生産会社が、気候変動や地球温暖化の問題を解決するために、操業中の炭素排出量を正味ゼロにすることを目指しています。これにより、予測期間中、ドリルパイプ市場の成長の機会が生まれると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]