自動車サブスクリプション市場、2027年に120億9,060万米ドル到達見込み

自動車サブスクリプション市場の統計 2020-2027

自動車サブスクリプション市場は、2019年に35億5,040万米ドルとなり、2027年には120億9,060万米ドルに達すると予測され、CAGRは23.1%を記録しています。収益貢献度が最も高かったのは欧州で、2019年には14億6,590万米ドル、2027年には44億9,160万米ドルに達すると予測され、CAGRは21.7%となっています。

COVID-19の発生により、経済の先行きが不透明になり、通勤活動が制限され、消費者の需要が減少しているため、自動車のサブスクリプションサービスの需要が低下しています。COVID-19の健康危機の発生は、先発メーカーが運転資金管理に注力することが予想されるため、先発メーカーの財務状況が悪化することにより、市場全体にマイナスの影響を与えています。さらに、このような健康危機の際には、デジタル技術が進化しているため、市場の回復は非常に早いものとなります。市場の回復は2021年の第4四半期から始まり、2022年には勢いを増すと予想されています。

自動車のサブスクリプションとは、自動車の保険料や維持費を中心とした定期的に発生する料金で、新しい所有権モデルとなるサービス形態です。自動車の定期購入は、通常、最短1ヶ月から最長2年までの期間で行われます。自動車定期便は、レンタカーと自動車リースの中間的なサービスであり、これら2つのサービスに比べてメリットがあります。さらに、定額料金には、契約した車の複数回の乗り換えが含まれており、保険やメンテナンスなどの追加車両費用はサービスプロバイダーが負担します。

自動車サブスクリプション市場では、OEMとそのキャプティブが重要な役割を果たしていますが、独立系サービスプロバイダーは、競争上の優位性を得るためにパートナーシップや製品開発に戦略的に取り組んでいます。COVID-19の健康危機は、世界的な通勤規制や消費者心理の低下など、市場全体の活動に大きな影響を与えています。

自動車サブスクリプションは、柔軟性、手頃な価格、利便性が高く、リースよりもメリットがあることから、市場の成長を促進すると考えられます。しかし、自動車のリース・レンタル・シェアリング市場は確立されており、優位性を持っています。また、リースモデルはサブスクリプションスキームに比べてコスト効率が高いため、市場の成長を妨げる要因となっています。自動車メーカーとの戦略的提携による競争優位性の獲得、サービスを効果的に運用するための強力なデジタルプラットフォームの開発、サービスをより効果的に提供するためのディーラーネットワークの拡大などが、市場の成長を促進する要因となると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]