ウェブホスティングサービスの市場規模、2027年に1,830億5,000万米ドル到達見込み

ウェブホスティングサービス市場統計 – 2027

ウェブホスティングサービスの市場規模は、2019年に574億6,000万米ドル、2020年から2027年にかけて15.2%のCAGRで成長し、2027年には1,830億5,000万米ドルに達すると予測されています。

ウェブホスティングは、ウェブアプリケーションやウェブサイトをインターネット上に公開するためのオンラインサービスです。ウェブホスティングサービスは、ウェブサイトを運営する個々のホストが、集合的なサービス提供の形で提供します。ホストが提供するサービスには、バーチャル・プライベート・サーバー、コロケーション・ホスティング、専用ホスティング、共有ホスティング、クラウド・ホスティングなどがあります。先進的なウェブホスティングサービスは、優れたパフォーマンス、セキュリティの向上など、さまざまなメリットをもたらします。

導入形態別に見ると、パブリッククラウドセグメントは2019年のウェブホスティングサービス市場で最も高い成長を示し、スケーラビリティ、柔軟な価格設定、極めて高い信頼性、高いパフォーマンスなどのパブリッククラウドホスティングの利点により、今後数年間も優位性を維持すると予想されます。前述の利点により、中小企業によるこの種の導入モデルの採用が拡大しています。しかし、ハイブリッド・クラウドは、プライベート・クラウドやパブリック・クラウドとは対照的な利点を備えていることから、ハイブリッド・セグメントが最も高い成長を示すと予想されます。例えば、パブリック・クラウドと比較して、これらのタイプの導入モデルは、より高いレベルのセキュリティとアップタイムを提供します。

エンドユーザー別に見ると、2019年の世界のウェブホスティングサービス市場のシェアは企業セグメントが占めており、世界各地で企業数が急増し、オンラインプレゼンスの拡大に向けた取り組みを行っていることから、今後もその優位性を維持することが予想されます。しかし、個人セグメントは、シンプルで手頃な価格のホスティングプランが利用できることから、最も高い成長が見込まれています。

アプリケーション別に見ると、2019年の世界のウェブホスティングサービス市場のシェアは、公共のウェブサイトセグメントが独占しており、今後数年間もその優位性を維持すると予想されています。これは、このようなウェブサイトが世界中の誰もがアクセス可能であるという事実によるものです。したがって、企業はこれらのウェブサイトを利用して、一般の人々をターゲットにして自社のサービスや製品を販売しています。しかし、スマートフォンの急速な普及と世界的なインターネット普及率の上昇により、モバイルアプリケーション分野が最も高い成長を示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]