屋外用LEDディスプレイ市場、2027年に118億6,000万米ドル到達見込み

屋外用LEDディスプレイ市場は、2019年に74億2,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて9.20%のCAGRを記録し、2027年には118億6,000万米ドルに達すると予測されています。屋外用LEDディスプレイは、広告や画像、プロモーションビデオなどを表示するための大きな看板で、通常、大通りやショッピングモール、公園、駐車場などの屋外や中心部に設置されます。さらに、屋外用LEDディスプレイは、可視光域の波長で異なる色の光を発する半導体チップである発光ダイオード(LED)で構成されています。

これらのディスプレイには高輝度のLEDが使用されており、ライブ広告、ビルボード、ビデオウォールなどの屋外用途に広く使用されています。さらに、屋外用LEDディスプレイは、DIP(Dual In-line Package)技術を用いて設計されているため、あらゆる天候に対応し、昼夜を問わず遠くからでも表示内容を確認することができます。

エンターテイメントショーやスポーツイベント、展示会などでスポンサーが使用することにより、紙やポスターを使った広告よりもLEDディスプレイを使った広告が好まれるようになったことが、屋外用LEDディスプレイ市場の成長を促進する主な要因となっています。また、スポーツイベントや展示会、セミナーや式典など、屋外用LEDディスプレイを使用するイベントが増加していることも市場成長の要因となっています。また、エネルギー消費に対する懸念の高まりから、高コストかつ省電力でエネルギー効率の高い屋外用LEDディスプレイの利用が促進されています。

しかし、初期投資の高さと需要の不安定さが市場の成長を妨げる大きな要因となっています。逆に、広告デザインの変更や、スポーツ、イベント管理、輸送などのイベントの増加は、今後数年間の屋外用LEDディスプレイ市場の成長をもたらすと期待されている要因の一つです。

COVID-19の出現により、2020年の市場成長率は低下し、2021年末まで市場は緩やかに成長すると予測されます。COVID-19の流行は、世界中の企業の膨大な労働力が自宅で仕事をしているため、屋外用LEDディスプレイ業界に悪影響を及ぼしています。これにより、広告費が減少し、屋外用LEDディスプレイの需要が減少しています。

市場に影響を与える要因

世界の屋外用LEDディスプレイ市場は、デジタル広告の急速な成長、高いデジタル・スポンサーシップと情報表示、電力効率機能など、さまざまなトップインパクト要因の影響を受けています。しかし、屋外用LEDディスプレイの初期導入コストの高さが、市場の成長を妨げると予測されています。一方で、スポーツイベントの増加やLED広告のデザイン変更は、予測期間中に市場に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]