コンストラクション4.0市場規模、2027年に291億150万米ドル到達見込み

コンストラクション4.0市場の規模は、2019年には97億8,690万米ドル、2020年から2027年にかけて18.2%のCAGRを記録し、2027年には291億150万米ドルに達すると予測されています。建設業界のデジタル化はコンストラクション4.0と呼ばれ、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やAI(人工知能)などの技術が使われています。インダストリアル4.0の技術は、ヒューマンエラーを回避し、反復作業を避け、建設プロジェクトの生産性を向上させるために建設業界で使用されています。インダストリー4.0は、意思決定のために技術を採用し、建設活動のためにセンサーやインターネット接続を通じて相互に接続された状態を維持します。

都市人口の増加に伴い、世界的に住宅や商業施設の建設活動が活発化しており、それがコンストラクション4.0市場の成長を後押ししています。例えば、2020年8月、カナダの経済に関する報告書によると、カナダにおける建設建物への資本投資総額は、2020年5月から2020年6月にかけて12%増加しました。このような建設建築活動への支出の増加は、コンストラクション4.0市場の成長を促進すると予想されます。また、インドやブラジルなどの発展途上国では、新しい道路の建設や高速道路の建設が増加しており、市場の成長を促進しています。例えば、インド政府は2018年10月にアッサム州のブラマプトラ川に橋を建設することを宣言しました。このプロジェクトは2026年までに完成する予定です。

トレンドでは、IoT、ビッグデータ、DevOpsなどが、建設業界で大きく利用されている技術の一つであることを示しています。オートデスク株式会社、日本オラクル株式会社などの主要プレイヤーは、建設業界に特化した建設管理ソフトウェアを提供しています。例えば、2020年9月、オートデスク株式会社は、Autodesk construction cloudの新モデルを発表しました。この建設ソフトウェアは、NavisworksやBIM 360モデルなどの技術を用いて運用されています。このソフトウェアは、時間の節約、正確性の維持、スケジュールリスクの減少、建設現場での反復作業の回避などに役立ちます。このような製品の発売は、コンストラクション4.0市場の成長を促進すると予想されます。

しかし、熟練労働者の不足、高額な設備投資の必要性、セキュリティの欠如などが、コンストラクション4.0市場の成長を阻害すると予想されます。一方で、建設におけるIoTやBIMなどの技術に対する意識の高まりは、コンストラクション4.0市場のトレンドの成長に有利な機会を提供すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]