ボイラー保険市場、2027年に206億8,000万米ドル到達見込み

ボイラー保険の市場規模は、2019年には88億6,000万米ドル、2020年から2027年にかけて15.3%のCAGRで成長し、2027年には206億8,000万米ドルに達すると予測されています。

未曾有のCOVID-19健康危機は、先進国だけでなく発展途上国でもボイラー保険市場の需要にマイナスの影響を与えており、各国でのロックダウンやいくつかの製造施設の操業停止の原因となっています。しかし、中国やインドをはじめとする各国政府は、GDPの増加を目的とした新規企業の進出に有利な政策を提供しており、このことが市場に有利な機会をもたらすと期待されています。

ボイラー保険の主な目的は、ボイラーに発生した物理的な損害を補償するとともに、損害を受けた機器、モーター、コンピューター、電話機、電気機器などの修理や交換の費用を補償することにあります。これに加えて、様々な商業・産業界のエンドユーザーが、ボイラーの損傷によって発生するコストを削減するためにボイラー保険を採用しています。さらに、ボイラー保険の提供者は、各国の保険に関するさまざまな規則や規制に対応しているほか、高度な技術を導入して既存のサービスを発展させ、市場でカスタマイズされたさまざまな補償に対応しており、これがボイラー保険市場の成長を促進すると予想されています。

ボイラー保険市場の成長を促進する主な要因としては、世界の産業・商業分野におけるボイラー保険の認知度の向上や、エンドユーザーの間でのボイラーの修理・メンテナンスコスト削減のニーズの高まりなどが挙げられます。これに加えて、市場の主要プレーヤーが提供する新しいサービスが市場の成長を促進しています。しかし、アジア太平洋地域やLAMEAの新興国では、一般市民の間でボイラー保険に関する認知度が低く、政府による厳しい規制が増加していることが、ボイラー保険市場の成長を妨げています。また、新興国では、中小企業の事業拡大や第三者賠償責任保険の需要が増加しており、予測期間中、ボイラー保険市場の拡大に有益な機会を提供することが期待されています。

カバータイプ別に見ると、2019年のボイラー保険市場シェアはボイラー・セントラルヒーティングカバーセグメントがリードしており、予測期間中もその優位性を維持すると予測されます。年1回のサービスメンテナンス、ボイラーの修理、その他のサービス料金など、様々なボイラーの問題を解決するためのボイラー・セントラルヒーティングカバー保険の一般人や産業界での採用が増加していることが、このセグメントの市場成長を牽引しています。これは、様々なメリットがあることからエンドユーザーの間でこの保険プランの採用が進んでいることや、市場の主要企業がこのプランのための新しいスキームを導入していることによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]