赤ちゃん用おしゃぶりの市場規模、2027年に5億4,966万米ドル到達見込み

赤ちゃん用おしゃぶりの市場規模は、2019年には3億9,089万米ドルとなり、2021年から2027年にかけて5.80%のCAGRを記録し、2027年には5億4,966万米ドルに達すると予想されています。

親の可処分所得の増加と急速な都市化が、売上金額の面で市場を牽引する重要な要因となっています。そのため、おしゃぶりをはじめ、おもちゃ、哺乳用品、おしりふき、おむつなど、さまざまなベビー用品の需要が高まっています。おしゃぶりとは、基本的には乳首にハンドルを付けたもので、赤ちゃんを安心させたり楽しませたりするために設計されています。

授乳中にしか吸わない赤ちゃんもいますが、授乳が終わっても乳首や哺乳瓶を吸いたがる赤ちゃんもいます。イライラしている赤ちゃんをなだめるためにも、この吸い方は有効です。

長年にわたり、赤ちゃん用おしゃぶり市場は、製品の提供という点で継続的な進化を遂げてきました。赤ちゃんのおしゃぶりメーカーは、ターゲットとなる顧客の要求に特に対応する革新的な要素を戦略的に取り入れてきました。例えば、2017年には、米国のSmilo社が、赤ちゃんの年齢に合わせたサイズで、口の中で少しずつ膨らみ、最適なサポートを実現する赤ちゃん用おしゃぶりの新製品を発売しました。この技術は哺乳瓶にも応用されており、空気の吸い込みを抑えてお腹が張るのを防ぐように設計されています。このように、技術革新は赤ちゃん用おしゃぶり市場全体の成長を促進する影響力のある要因となっています。

世界の赤ちゃん用おしゃぶり市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域別に分類されています。製品タイプ別では、市場はシングルピースの赤ちゃん用おしゃぶりとマルチピースの赤ちゃん用おしゃぶりに分類されます。サイズ別では、市場は小型、中型、大型に分類されます。流通チャネル別では、市場はオンラインとオフラインに分けられます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、スペイン、英国、イタリア、フランス、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、南アフリカ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、その他のLAMEA)に分類されています。

製品タイプ別に見ると、赤ちゃん用おしゃぶり市場は、シングルピースタイプの赤ちゃん用おしゃぶりとマルチピースタイプの赤ちゃん用おしゃぶりに分けられます。製品タイプ別では、手頃な価格で広く普及しているシングルピースタイプの赤ちゃん用おしゃぶりが高い市場シェアを占めます。シングルピースタイプのおしゃぶりは、プラスチック、シリコン、ラテックスなどの素材を一枚に成形して作られています。おしゃぶりがバラバラにならないため、窒息の危険性を最小限に抑えることができます。ほとんどの病院では、シングルピースタイプのおしゃぶりが大規模に配布されています。例えば、Philips Avent Soothieは、米国内の約2,000の病院で配布されています。この製品は、耐久性に優れたホスピタルグレードのシリコン製で、赤ちゃんの歯と歯茎の自然な発達を促す乳首を備えています。シングルピースタイプ赤ちゃん用おしゃぶりの多くは、ターゲットとなる顧客の関心を引くような魅力的なデザインになっています。シングルピースタイプおしゃぶりには、さまざまなサイズがあり、歯固め用おしゃぶりとしても使用できます。Tommee Tippe、Nanobebe、Chicco、Evenfloなどのブランドがこの分野では主要な地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]