液体栄養補助食品市場、2027年に277億3,227万米ドル到達見込み

液体栄養補助食品市場は、2019年に216億8,572万米ドルを占め、2020年から2027年にかけて4.0%のCAGRを記録し、2027年には277億3,227万米ドルに達すると予想されています。

ビタミンとミネラルのサプリメントは、免疫力を高めるための適切で効果的な方法となっており、近い将来の市場成長を促進しています。

液体栄養補助食品は、追加の栄養を得るために経口的に摂取します。これらのサプリメントは、直接血流に吸収されるため、錠剤や粉末よりも効果的です。液体サプリメントには、味や香りの良いものがあります。 また、他のサプリメントと比較して、手軽に摂取することができます。

健康意識の高い人口の増加が、市場の成長を促します。さらに、味の良さや飲みやすさから、高齢者層の需要が増加していることも、市場の成長を後押ししています。また、プロバイオティクス飲料の消費量の増加も市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、様々な栄養不足を補うための優れた液体サプリメントを開発するための研究開発の増加も、予測期間中の市場成長を促進すると考えられます。しかし、政府による厳しい規則や規制が、液体栄養補助食品市場の成長を妨げると予想されています。

COVID-19の発生により、液体栄養補助食品市場を含む様々な市場の成長が低下しています。ほとんどの国がウイルスの拡散に対抗するためにロックダウンを採用したため、市場はパンデミックの悪影響を受けています。パンデミックが発生した当初は、一般消費者の消費目的で製品を市場に供給することが困難でした。さらに、栄養補助食品の製造は、製造拠点の閉鎖により、サプライチェーンが完全に分断されてしまいました。さらに、消費者は食品や飲料などの必要性の高い製品だけに注目していました。しかし、閉鎖が緩和され、COVID-19の症例が減少したため、企業は市場の製品需要を満たすためにプロセスを再開しています。

世界保健機関(WHO)によると、栄養不良は世界的な健康問題の最大の課題の一つです。2016年には、5歳未満の約1億5,500万人の子どもたちが栄養不良に苦しんでいました。この問題に対処するためには、必須栄養素やビタミンを幼いうちから継続的に体内に注入する必要があります。そのため、液体栄養補助食品の需要が高まり、市場成長の原動力になると期待されています。

液体栄養補助食品は、世界中の人々の間で人気が高まっています。これは、人々の健康意識が高まっているため、これらのサプリメントを購入する傾向があるという事実によります。人々は通常、カプセルや錠剤の形で栄養補助食品を摂取することを好まないことが観察されており、これが液体栄養補助食品市場の発展のための強力な基盤となり、市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]