リサイクル繊維市場規模、2027年に76億米ドル到達見込み

リサイクル繊維市場の展望 – 2027年

リサイクル繊維の市場規模は、2019年に56億米ドルとなり、2027年には76億米ドルになると予測されています。同市場は、2020年から2027年にかけてCAGR 3.6%の成長を遂げると予測されています。

 COVID-19のパンデミックは、国際的な取引の禁止やロックダウンが行われ、リサイクル繊維市場に深い影響を与えましたが、1年後には回復を見せると予想されています。

リサイクル繊維は、古着や廃棄物となった繊維素材をいくつかの処理を経て再生・回収することで得られます。リサイクル繊維は、主に古着、タイヤ、履物、カーペット、家具、シーツやタオルなどの非耐久消費財などの都市ゴミに含まれています。リサイクル繊維を使用することで、ウールやコットンなどのバージン資源への圧力、汚染、水やエネルギーの消費を減らすことができます。

バージン繊維に比べてリサイクル製品のコストが低いことも、リサイクル繊維市場の全体的な成長を後押しすると予想されます。しかし、加工コストの増加と低品質な仕事の提供が、リサイクル繊維市場の成長を妨げています。一方で、リサイクル技術の発展は、リサイクル繊維産業に成長の機会をもたらすと予想されます。

リサイクル繊維市場は、タイプ、エンドユーザー産業、地域に分かれています。タイプ別では、リサイクルコットン、リサイクルウール、リサイクルポリエステル、リサイクルナイロン、その他に分類されます。エンドユーザー産業では、自動車、小売、鉱業、建築・建設、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

リサイクル繊維市場:タイプ別

再生ポリエステルセグメントは、耐久性、耐薬品性、耐伸縮性、染色のしやすさなどの特性により、2019年に最大の市場シェアを獲得しました。一方、リサイクルナイロンは、高弾性、高強度、高吸湿性、耐シワ性などの特性により、予測期間中に最も速いペースで成長すると予想されています。さらに、ナイロンをリサイクルすることで、エネルギー消費量の削減、排水量の削減、CO2排出量の削減などのメリットがあり、リサイクルナイロンの需要を促進しています。

リサイクル繊維市場:エンドユーザー産業別

カスタマイズされた低価格のアパレルの需要が急増しているため、2019年は小売セグメントが市場を支配しています。しかし、予測期間中は自動車セグメントが最も速いペースで成長すると予想されています。自動車業界では、費用対効果の高い繊維の需要が増加しています。また、自動車の内装の美観を向上させるために、リサイクル繊維の普及が急増していることも、このセグメントの成長の要因の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]