燃料ディスペンサーの市場規模、2027年に33億米ドル到達見込み

燃料ディスペンサーの市場予測~2027年

燃料ディスペンサーの市場規模は、2019年に24億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.7%で成長し、2027年には33億米ドルに達すると予測されています。燃料ディスペンサーは、液体や気体の燃料を分配したり、監視したりするために使用される、燃料ステーションの重要な装置です。これらは、ガソリン、ディーゼル、天然ガスなどの液体または気体燃料を車両、航空機、貯蔵タンク、または携帯用容器に送り込むために使用されます。燃料ディスペンサーシステムには、油圧部、計量部、ホース・ノズル部など様々な部品が含まれています。これらのシステムは、グレード数、業務量、燃料の種類、施設の規模など、さまざまな要因によって設計・構築されます。ディスペンサーは、燃料の供給と同時に、車両に供給される燃料の価格を計算します。

アジア太平洋地域、ヨーロッパ、LAMEAの発展途上国における自動車産業の急速な成長は、燃料の需要を増加させると予想されており、これが燃料ディスペンサー市場の成長を促進すると予想されます。また、世界中の消費者の間でバイオ燃料に対する意識が高まっていることから、バイオ燃料ディスペンサーの需要が増加し、今後数年間の市場成長の原動力となることが予想されます。しかし、電気自動車の需要の増加や、石油燃料を使用するステーションの減少は、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。

世界の燃料ディスペンサー市場は、燃料タイプ、ディスペンサーシステム、流量計、地域別に分類されています。燃料タイプでは、石油燃料、圧縮燃料、バイオ燃料、その他に分類されます。ディスペンサーシステムでは、水中システムと吸引システムに分類されます。流量計では、機械式と電子式に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分けられています。

世界の燃料ディスペンサー市場で活動する主要プレイヤーは、同市場で競争力を維持するために主要な戦略を採用しています。製品の発売、事業拡大、買収、パートナーシップなどの主要な成長戦略は、ドーバー社、Scheidt & Bachmann GmbH、Bennett Pump Companyなどの主要企業が採用しています。

例えば、2020年10月、Scheidt & Bachmann社はIntouch.com社と提携し、燃料小売サイトのデジタル化を実現しました。この提携は、人工知能分野におけるIntouch.comの経験と専門知識を顧客に提供することを目的としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]