電動自転車・電動バイク市場、2030年に1,186億5,700万米ドル到達見込み

電動自転車・電動バイク市場統計 2021-2030

2019年の電動自転車・電動バイク市場は403億1,200万米ドルで、2020年から2030年にかけて10.5%のCAGRを記録し、2030年には1,186億5,700万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19のパンデミックにより、通勤者はほとんどが公共交通機関を避けています。電動自転車・電動バイクは、公共交通機関に代わる安全で便利で安価な交通手段と考えられています。業界の専門家や電動自転車・電動バイクメーカー(Rad Power Bike、VanMoof、Lectric e-bikeなど)によると、アメリカやヨーロッパの都市が検疫から解放されるにつれて、電動自転車・電動バイクは理想的な交通手段としてますます注目を集めています。また、社会的に不利なガイドラインに基づいて政府が公共交通機関の利用を制限しているため、通勤者は日常的な移動手段として自転車を採用しています。例えば、ニューヨーク・タイムズ紙によると、2020年3月の米国の自転車販売台数は85%増加しました。このように、電動自転車・電動バイク業界は、ポストCOVID-19においてより良い成長を遂げることができる業界の一つです。しかし、2020年の第1四半期には、ロックダウンにより電動自転車・電動バイクの店舗が閉鎖されたため、電動自転車・電動バイクの販売は弱まりました。

電動自転車とは、電動モーターの駆動機構とバッテリーが一体化した自転車で、推進力の原因となったり、推進力を補助するための電力を生み出すものです。小型のモーターを搭載してペダルを漕ぐ力を補助するものから、スロットルを使って完全に駆動する力を生み出すパワフルなものまで、さまざまな種類の電動自転車が世界各地で販売されています。

電動自転車・電動バイクは、柔軟性があり、汎用性が高く、環境に優しい、トレンディな交通手段です。消費者は、スクーターやスマートカー、公共交通機関に代わる理想的な交通手段として電動自転車・電動バイクに注目しています。電動自転車・電動バイクは、サイズが小さく、少ない労力で高い速度が得られ、漕ぐことで健康効果が得られるため、交通渋滞の解消に役立ちます。これらの要因により、世界各地で電動自転車・電動バイクの人気が高まっています。

電動自転車・電動バイクの使用を奨励する政府規制の実施、環境に優しく効率的な通勤手段としての電動自転車・電動バイクへの消費者の関心、燃料費の高騰、フィットネスやレクリエーション活動としてのサイクリングへの関心の高まりなどの要因が、市場の成長を促進すると予想されます。しかし、電動自転車・電動バイクのコストが高く、中国の主要都市では電動自転車・電動バイクの使用が禁止されていることが市場成長の妨げとなっています。さらに、自転車インフラやバッテリー技術の向上は、電動自転車・電動バイク市場の成長に有利な機会をもたらすと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]