サイバー状況認識市場の規模、2027年に1,526億5,600万米ドル到達見込み

サイバー状況認識市場の洞察 – 2027年

サイバー状況認識市場の規模は、2019年には314億3,100万米ドルと評価されましたが、2020年から2027年にかけて22.6%のCAGRを記録し、2027年には1,526億5,600万米ドルに達すると予測されています。サイバー状況認識システムは、すべての商業・産業分野の重要なコンポーネントとして登場しています。サイバー脅威や攻撃のリスクが高まっていることから、教育、メディア、エンターテインメントからハイエンドの重機や製造装置まで、ほぼすべての分野でテクノロジーが急速に普及しています。サイバー攻撃の増加とそれによる莫大な経済的損失は、市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19パンデミック以降、オンラインシステムやクラウドシステムの導入が進み、各業界では在宅勤務制度が導入されました。このような行動は効率の向上をもたらしましたが、同時にサイバー脅威や攻撃のリスクも増加しています。複数のサイバー攻撃モードが増加しているため、現在のサイバーシステムとその抜け穴を監視する必要性が高まっています。そのため、効果的なサイバー状況認識手法への需要が高まり、市場の成長を後押ししています。

IoTデバイスやBYODデバイスの増加に伴い、大量のデータが生成されますが、これらのデータは効果的に管理する必要があります。サイバー状況認識ソリューションは、ストレージインフラを分析し、全体的なリスクを低減することで、これらのデータの安全なサイトを構築するのに役立ちます。しかし、データストレージをクラウドシステムに大きく依存しているため、攻撃を受けやすい状況にあり、ユーザーがシステムの導入や機密データの共有に不安を感じていることが、市場全体の成長を妨げています。

コンポーネント別に見ると、2019年のサイバー状況認識市場のシェアはソリューションセグメントが占めており、今後もその優位性を維持すると予想されています。これらのソリューションは、リアルタイムの洞察により、組織、地域、技術にマイナスの影響を与える重要な課題や変化に集中するためのリソースの優先順位付けにも役立ちます。また、インシデントを分析することで、脅威を特定し、その活動の傾向を認識し、悪意のある目的を把握することで、サイバー空間での出来事や状況を戦略的に理解し、運用チームが迅速に行動を起こせるようにします。

ソリューションタイプ別に見ると、2019年のサイバー状況認識市場は、ネットワークフォレンジックセグメントが優勢であり、技術的状況におけるセキュリティへの投資が増加していることから、予測期間中もその優勢を維持すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]