ブロックチェーン分散型台帳の市場規模、2027年に1,372億9,000万米ドル到達見込み

ブロックチェーン分散型台帳の市場規模は、2019年に28億9,000万米ドル、2020年から2027年にかけて年率62.7%で成長し、2027年には1,372億9,000万米ドルに達すると予測されています。ブロックチェーン分散型台帳とは、独立したコンピュータを用いて、それぞれの電子台帳に取引を共有、記録、同期するシステムの一種です。ブロックチェーン分散型台帳は、独立したコンピュータを使用して、取引を電子台帳に共有・記録・同期するシステムの一種であり、中小企業やフィンテック企業が分散型台帳を利用しています。

COVID-19パンデミックの影響で、BFSI、製造業、小売・電子商取引、ヘルスケアなどの業界で、ブロックチェーン分散型台帳の需要が大きく高まっています。これに加えて、世界中の企業がビジネスを再開していることから、多くの組織がサイバー攻撃のリスクを軽減するために、顧客のための高度なセキュリティ機能を備えたブロックチェーン分散型台帳に焦点を移しています。

ブロックチェーン分散型台帳市場の成長を促進する主な要因としては、様々な大企業や中規模企業で分散型台帳の採用が進み、収益機会が急増していることや、様々な業界でブロックチェーン分散型台帳のアプリケーションに対する認識が高まっていることなどが挙げられます。さらに、データの不正行為のリスクが低く、ブロックチェーン分散型台帳アプリケーションのコストが低いことも、市場の成長を後押ししています。しかし、発展途上国の人々の間では、暗号通貨に対する認知度が低いことが、市場成長の妨げになると予想されます。逆に、ブロックチェーン分散型台帳にモノのインターネット(IoT)を統合することは、ブロックチェーン分散型台帳市場の成長に確実な影響を与えると予測されます。

プライベートブロックチェーンセグメントは、銀行や金融機関の収益機会を急増させ、市場シェアを拡大するために、プライベートブロックチェーン分散型台帳技術への投資が増加していることから、予測期間中に大きなシェアを獲得すると予想されています。一方、アジア太平洋地域や中南米の新興国では、ハイブリッド・ブロックチェーンの導入が進んでいるため、ハイブリッド・ブロックチェーン分野が予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。

地域別では、2019年のブロックチェーン分散型台帳市場のシェアは北米が独占しており、予測期間中もその地位を維持することが予想されます。これは、重要な情報を管理するために、BFSI、政府・公共機関、製造業など、さまざまな業界でブロックチェーン技術の導入が進んでいることに起因しています。一方、アジア太平洋地域は、アジア太平洋地域の新興国で金融業界が成長していることや、フィンテック企業が決済処理システムの改善のためにブロックチェーン技術を採用していることから、予測期間中に大幅な成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]