スイミングプール建設市場規模、2027年に73億9,260万米ドル到達見込み

スイミングプール建設市場の展望-2027年

スイミングプール建設の市場規模は、2019年には67億7,320万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて3.8%のCAGRを記録し、2027年には73億9,260万米ドルに達すると予想されています。スイミングプール建設市場では、住宅地や商業地における新しいスイミングプールの建設だけでなく、古いスイミングプールの改修から得られる収益が考慮されています。

世界中の人々の間で病気や健康問題が増加しています。そのため、定期的に運動をして体の免疫力を高め、健康的な生活を送ろうという意識が高まっています。定期的な運動に対する意識の高まりにより、プールを備えた新しいジムの建設や、古いジムを改修してプールを備えることが求められています。また、世界的な観光業の増加により、プールを備えた豪華なホテルやレンタルバンガローの需要が高まっています。そのため、ホテルや賃貸バンガローにプールが建設されるようになりました。

さらに、人々の一人当たりの可処分所得が増加し、生活水準が向上したことが、家庭におけるスイミングプール建設需要の増加につながっています。エンドユーザーが必要とするサイズや形状に応じて、多くの地上および地下のスイミングプールが住宅インフラに建設されています。

しかし、スイミングプールの建設とメンテナンスにはコストがかかります。リーズナブルな価格で定期的なメンテナンスを行うことは困難であり、その結果、プールに汚れが溜まり、見た目も汚くなってしまいます。そのため、プール建設市場では、維持・建設コストの高さが抑制要因となっています。さらに、COVID-19の発生時には、建設業、製造業、ホテル、観光業などが大きな影響を受けました。製造業の活動も大幅に停止または制限されました。また、建設業や輸送業、そしてそれらのサプライチェーンが世界的なレベルで阻害されました。これにより、住宅や商業インフラの建設が減少し、プール建設市場にも直接的な影響が及びました。

しかし、すべての産業は徐々に通常の生産やサービスを再開しています。これにより、建設活動が本格的に再開され、2021年半ばには市場の回復が始まると予想されます。

逆に、IoTなどの先端技術の導入により、スイミングプールのモニタリングが改善され、スイミングプールのメンテナンスコストの削減につながることが期待されています。これは、スイミングプール建設市場に成長の機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]