ステルスコーティング市場、2027年に3億7,500万米ドル到達見込み

ステルスコーティング市場の展望 – 2027年

ステルスコーティング市場は、2019年には2億4,900万米ドル、2020年から2027年にかけて5.3%のCAGRで成長し、2027年には3億7,500万米ドルに達すると予測されています。

世界的なCOVID-19パンデミックの発生により、主要な第5世代ステルス戦闘機メーカーが生産活動を停止したことで、ステルスコーティングの需要が大幅に減少しています。

ステルスコーティングとは、レーダー吸収材を航空機に塗布することで、レーダーの断面積を小さくし、レーダーからの検出を困難にするものです。また、自動車には、紫外線防止や、チップ、スクラッチ、道路上のゴミ、悪意のある損害からの保護のために塗布されています。

世界のステルスコーティング市場は、強度、耐久性、耐薬品性などの特性を備えたステルスコーティングの需要が航空宇宙・防衛産業や自動車産業で急増していることが主な要因です。さらに、ステルスコーティングは、熱変形温度が非常に高く、傷や衝撃に強い仕上がりになります。さらに、高いレベルの紫外線(UV)耐性と耐水性を備えており、洗浄も容易です。これは、F-22ラプター、F-35ライトニングII、B-2スピリットなどのステルス航空機、艦艇、ドローン、インディペンデンス級沿岸戦闘艦、ズムウォルト級駆逐艦、ノースロップ・グラマンRQ-180、ロッキード・マーチンRQ-170センチネルなどの生産量が急増しているためです。さらに、ロシアや中国などの国々も、Sukhoi Su-57やChengdu J-20などのステルス航空機を開発し、ステルス技術の開発に多額の投資を行っているため、予測期間中にステルスコーティングの需要が急増すると考えられます。

しかし、ステルスコーティングのコストが高いことや、COVID-19パンデミックの発生によりロシア、中国など各国政府がロックダウンを宣言する中、ステルス航空機、船舶、ドローンの生産が減少していることが、ステルスコーティング市場の成長を抑制すると予想されます。さらに、中国やインドなどの発展途上国によるステルス航空機、船舶、ドローンなどの開発・生産への投資の急増は、世界のステルスコーティング市場の成長に機会を与えると考えられます。

ステルスコーティング市場は、樹脂タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。樹脂タイプ別では、エポキシ、ポリウレタン、ポリイミドに分けられます。また、用途別では、航空宇宙・防衛、自動車に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]