宇宙探査機の市場規模、2030年に9億9,829万米ドル到達見込み

宇宙探査機の市場統計 – 2030年

宇宙探査機の市場規模は、2019年には4億3,130万米ドルとなり、2030年には9億9,829万米ドルとなり、9.2%のCAGRを記録すると予測されています。

COVID-19の発生により、世界各地で経済状況が悪化し、特に宇宙産業などの投資額の高い産業に影響を与えました。宇宙関連予算の削減や主要部品のサプライチェーンの混乱により、世界のいくつかの宇宙計画が延期されました。天文1号を打ち上げた中国や、火星探査計画を開始した米国など、一部の国だけがパンデミックの中で宇宙ミッションを開始することができました。

宇宙探査機(Space rover)とは、高温や低温、宇宙線など、地球の大気とは異なる環境下で天体の表面で機能することができるロボットのことです。

宇宙探査機は、地上からのリアルタイムな支援がなくても動作可能な完全自律型ローバーと、車輪の代わりにローリング、ホッピング、ロボットレッグなどの機構を利用して移動する非車輪型ローバーの2種類に大別されます。宇宙探査機は、ロボットアームの軽量化、モビリティシステムの改良、慣性計測ユニット(IMU)の搭載などの技術的進歩により、地球外天体の表面での探査能力が向上しており、その結果、宇宙探査機市場の機会が増加しています。2021年2月21日、ISROは2022年に着陸機とローバーを含む月探査機Chandrayaan-3を打ち上げることを発表した。NASAの商業月面ペイロードサービス(CLPS)プログラムの一環であるVolatiles Investigating Polar Exploration Rover(VIPER)は、2023年後半に月の南極に着陸する予定です。2020年1月、NASAはMaxar Technologies社と、Restore-L(ロボット型宇宙船)に搭載する最先端のロボットアームを製造する契約を締結しました。マキサー・テクノロジー社は、軽量のロボット機構を用いて、宇宙空間での組み立てデモを行います。このロボットアームは、Space Infrastructure Dexterous Robot(SPIDER)と呼ばれ、同社が製造するNASAのRestore-Lミッション用の宇宙船バスに搭載されるもので、地球低軌道(LEO)を周回する衛星に燃料を供給するために使用されます。このような技術は、将来のミッションに向けた宇宙開発能力の強化につながると期待されています。このプログラムは現在、2023年12月の打ち上げを目指しています。また、他のいくつかの機関でも、宇宙探査機を含む宇宙プログラムが今後数年間で予定されています。このような動きは、予測期間中、世界の宇宙探査機市場の成長を促進すると予想されます。

世界的な宇宙探査への投資の増加、宇宙採掘への投資の急増、政府の支援的な規制、3Dプリント技術の技術的な進歩などが、予測期間中の宇宙探査機市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、宇宙探査ミッションにかかるコストが高いことが、市場の成長を妨げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]