医療用プラスチック市場規模、2027年に372億米ドル到達見込み

医療用プラスチック市場の展望 – 2027年

医療用プラスチック市場は、2019年に241億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて5.6%のCAGRで成長し、2027年には372億米ドルに達すると予測されています。

プラスチックは、任意の形状に成形可能な高分子材料です。医療用プラスチックは一般的に熱可塑性材料から作られます。熱可塑性プラスチックは、加熱することで簡単に成形することができます。医療グレードのプラスチックは、温度や化学物質に耐性があります。主に使用される医療用プラスチックには、ポリカーボネート、ポリプロピレン、ポリエチレンなどがあります。また、医療用チューブや手術用チューブなどの医療機器・器具の製造にも使用されています。

人口の高齢化と相まって、ヘルスケア分野への投資が増加していることが、市場の成長を促進すると予想されています。例えば、2021年1月、PTAプラスチックは資本設備と建物に200万米ドル以上を投資しました。この射出成形機や仕上げ装置は、医療用プラスチック製品に使用される予定です。さらに、可処分所得の増加と消費者のライフスタイルの変化は、医療用プラスチックの需要をさらに促進します。米国やカナダなどの先進国では、保険加入者による医療機器の需要が徐々に増加しており、医療用プラスチック市場は着実な成長が見込まれます。さらに、世界的な燃料価格の変動も市場成長に影響を与える大きな要因となっています。しかし、医療用プラスチックに含まれるビスフェノールAなどの有害成分が乳幼児に悪影響を及ぼすため、医療用プラスチック市場の成長にマイナスの影響を与える可能性があります。

世界の医療用プラスチック市場は、タイプ別、用途別、地域別に分類されています。タイプ別では、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリプロピレン(PP)、エンジニアリングプラスチック、ポリエチレン(PE)、ポリスチレン(PS)、シリコーン、その他に分かれています。用途別では、使い捨て、薬物送達デバイス、診断器具、カテーテル、手術器具、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

主要プレイヤーは、激しい市場競争を維持するために、買収、契約、パートナーシップを採用しており、アルケマ、バスフ、セラニーズ、ソルベイ、コベストロ、サビックなどが主要企業として存在しています。

世界の医療用プラスチック市場:地域別

アジア太平洋地域は、医療用プラスチック市場で最も高いシェアを占めています。これは、中国、インド、韓国などの新興国で医療用プラスチックの用途が拡大していることに起因しています。アジア太平洋地域の市場は、研究開発への積極的な投資と、ヘルスケアエコシステムのデジタル化が大きな原動力となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]