投資銀行・取引サービス市場、2027年に5,200億2,600万米ドル到達見込み

投資銀行・取引サービスの市場規模は、2019年には2,678億6,400万米ドル、2020年から2027年かけて5.8%のCAGRで成長し、2027年には5,200億2,600万米ドルに達すると予測されています。

投資銀行業務は、資本の調達を行い、個人や組織に財務コンサルティングサービスを提供します。投資銀行・取引サービスは、金融サービス業界の主要分野の一つとなっており、企業や機関、政府に対して、サービスの引き受けや、M&A、マーケットメイキング、株式や債券などの証券取引などの取引の実行を支援しています。投資銀行業務は主に、他の企業や政府などのために資本を創出することを目的としています。

企業、投資家、その他の外部要因による莫大な資金難の増加は、事業拡大のための資金調達に影響を与え、投資銀行・取引サービス市場の最も重要な成長要因となっています。また、企業のファンダメンタル・アドバイザリーに対する需要の高まりや、企業の資金需要や事業拡大の必要性の高まりも、投資銀行・取引サービス市場の成長を促進する主な要因となっています。

また、サイバー攻撃やデータ盗難が急増していることや、いくつかの国が市場での金融業務に特別な規制を設けているため、政府の厳しい規制が投資銀行・取引サービス業界に影響を与えています。これらの要因は、投資銀行・取引サービス市場の成長を制限すると予想されます。さらに、オーストラリア、中国、インド、シンガポール、韓国などの新興国では、投資銀行業務のソリューションプロバイダがサービスを拡大・発展させる大きな機会があります。さらに、M&Aの増加やビジネス環境の継続的な改善は、予測期間中における投資銀行・取引サービス市場に有利な機会を提供すると予想されます。

産業分野別では、2019年にBFSIセグメントが投資銀行・取引サービス市場の主要シェアを獲得し、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。さらに、投資銀行は主に、リスク管理や資金調達のために、引受や証券販売などのトレーディング及び関連サービスを提供しています。また、銀行、保険会社、証券会社、ファイナンシャル・アドバイザーなどの金融事業者におけるこれらのサービスの需要は、市場で継続的に増加しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19の大流行を受けて、投資銀行・取引サービスプロバイダーは、2020年に向けて大幅に収益を伸ばしています。しかし、主要プレイヤーは、市場の民主化、顧客の洗練度の向上、金融規制の進化、リモートワークへの移行、テクノロジーの急速な進歩など、いくつかの課題に直面しています。さらに、投資銀行ソリューションを提供している銀行や金融機関は、パンデミックの際にも市場を維持するために、既存のビジネスモデルやオペレーションプラットフォームの再構築を続けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]