絶縁ワイヤー・ケーブルの市場規模、2027年に2,442億3,000万米ドル到達見込み

絶縁ワイヤー・ケーブル市場の展望 – 2027年

絶縁ワイヤー・ケーブルの市場規模は、2019年には1,605億4,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.3%で、2027年には2,442億3,000万米ドルに達すると予測されています。絶縁ワイヤー・ケーブルは、電流からの耐性を提供する非導電性材料で構成されています。ワイヤー・ケーブルの絶縁体は、水や熱などの環境の脅威からワイヤー素材を保護し、高温下でも優れた絶縁性を発揮します。

絶縁ワイヤーは、火災報知器や暖房器具、自動車などに使用され、高い使用温度での安全性が求められます。ワイヤーの効果と安全性は、その絶縁体に依存します。この種の絶縁ワイヤーは、通常、フッ素樹脂などの熱に強い有機樹脂で被覆された導体で成形されています。絶縁ワイヤーには、ポリ塩化ビニール(PVC)、半硬質ポリ塩化ビニール(SR-PVC)、ポリウレタン(PUR)、塩素化ポリエチレン(CPE)、ナイロン、ネオプレン(ポリクロロプレン)、シリコーン、グラスファイバー、エチレンプロピレンゴム(EPR)、ゴム、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、熱可塑性エラストマー(TPE)など、用途に応じてさまざまな種類の絶縁材料があります。 絶縁ワイヤー・ケーブルの材料は、リーズナブルな価格で広く入手できます。

世界の絶縁ワイヤー・ケーブル市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。世界的な都市化の進展やインフラ整備プロジェクトへの投資の増加などの要因が、絶縁ワイヤー・ケーブル市場の成長を促進しています。全世界の活動は、電気供給のタイムリーな提供に依存しています。最近では、電力部門で絶縁ワイヤー・ケーブルの使用率が高くなっています。さらに、人口の増加が電力需要の増加につながっています。

しかし、無線技術の成長は、世界の絶縁ワイヤー・ケーブル業界にとって大きな阻害要因となっています。また、北米地域では、データ消費量の大幅な増加により、ベライゾンやAT&Tなどの大手通信会社がファイバーネットワークへの投資を行っているため、絶縁ワイヤー・ケーブル業界にチャンスをもたらすと予想されます。

セグメント概要

世界の絶縁ワイヤー・ケーブル市場は、材料、設置方法、電圧、エンドユーザー、地域に分けられます。材料別では、市場は金属、プラスチック、光ファイバーに分けられます。設置方法別では、架空、地下、海底に分けられます。電圧別では、市場は低電圧、中電圧、高電圧に細分化されます。エンドユーザーによって、市場は通信、エネルギー・電力、エレクトロニクス、建設、自動車、その他に分類されます。

地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、その他欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、その他アジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分けられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]