重要インフラ保護の市場規模、2027年に2,030億9,000万米ドル到達見込み

重要インフラ保護(CIP)市場統計 – 2027年

重要インフラ保護の市場規模は、2019年に1,181億9,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは7.2%で成長し、2027年には2,030億9,000万米ドルに達すると予測されています。重要インフラ保護(CIP)とは、データセンター、銀行機関、政府機関、交通機関など、地域の重要なインフラを保護することをいいます。すべての政府は、これらの重要なインフラを、テロ活動や自然災害、サイバー脅威の攻撃から守る責任があります。重要インフラ保護ソフトウェアは、組織や政府機関が今後発生する自然災害やサイバー攻撃を分析し、インフラや資産を保護するのに役立ちます。このシステムは、インターネットに接続し、機密データを共有している重要インフラ業務を管理するスタンドアローンのシステムです。重要インフラ組織は、重要インフラ環境全体の災害を予測することができる強固なフレームワークです。重要インフラ保護(CIP)は、重要インフラ環境に関わる深刻なインシデントに備えて対応し、増え続ける脅威から組織を保護するのに役立ちます。

今回のCOVID-19パンデミック危機では、世界中の多くの規制機関が規制を緩和しましたが、多くの新しい組織が長期的な規制遵守を計画する必要があります。COVID-19パンデミック危機では、データセキュリティとデータ管理が最も重要な要素となっており、これが重要保護インフラのソリューションとサービスの採用を促進しています。

2019年の重要インフラ防護(CIP)市場は、コンポーネント別ではソリューション分野が圧倒的に多く、予測期間中もこの傾向が続くと予想されています。これは、戦略的な優位性だけでなく、競争上の優位性や競合他社に対する強力なインフラセキュリティを得るために、企業の間で重要インフラ保護ソリューションの採用が増加していることに起因しています。さらに、エンドユーザーが重要なインフラを安全に保つことができ、損害や攻撃を受ける前に警告を発することができるため、市場の成長を後押ししています。しかし、サービス分野が最も高い成長を見せると予想されています。サービス分野では、導入やトレーニング、コンサルティングサービス、マネージドサービスを提供することで、サービスプロバイダー企業と顧客の間で効果的な調整を行います。これらの技術を採用することで、交通機関、歴史的建造物、データセンター、政府機関など、さまざまな重要インフラの安全性を高め、既存のインフラを最適化することでその価値を最大化し、監視コストを最小限に抑えることができるため、市場の成長をさらに後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]