美容レーザー・エネルギー機器市場、2028年に103億米ドル到達見込み

美容レーザー・エネルギー機器市場は、2014年に22億5,000万米ドル、2021年から2028年までのCAGRは10.2%で、2028年には103億米ドルに達すると予想されています。

美容用のレーザー・エネルギー機器は、日焼けした肌やシワ、不要な病変の治療に使用されます。これらの機器は、シワや老化した肌の生理機能を改善し、見た目の美しさを保ちたいと願う多くの人々に利用されています。エステティック治療のプロセスを修正するために、多くの技術的な手順が採用されています。これらの機器の主な目的は、頑固な脂肪を除去したり、余分な皮膚のたるみを解消して肌の引き締めを実現することです。市場に流通している様々な機器には、非侵襲的な機器、低侵襲的な機器、侵襲的な機器などがあります。現在、エンドユーザー向けに全自動の美容機器が販売されています。

美容レーザー・エネルギー機器市場の成長は、メディカルエステティックに関する意識の高まり、美容機器分野の進歩、世界的な肥満の増加などが主な要因となっています。しかし、これらの治療法は高額であるため、美容レーザー・エネルギー機器市場の成長を妨げる大きな要因となっています。さらに、インドや中国などの発展途上国では、可処分所得の増加やボディメイクのトレンドが高まっており、近い将来、美容レーザー・エネルギー機器市場の成長に有利な機会が生まれると予想されます。

美容レーザー・エネルギー機器市場は、COVID-19の影響を受けた患者に対応するために医療資源が優先され、通常の医療サービスが停止したままになっているため、マイナスの影響を受けています。SARS-CoV-2ウイルスの拡散を遅らせるために、すべての国がロックダウンを採用し、2020年3月23日に発効しました。それ以降、レーザーや光を使った治療を行っているクリニックは閉鎖されたままです。COVID-19の感染率が低下するにつれ、各国政府は慎重かつ段階的にロックダウンを解除するように指針を出しています。このような観点から、多くの国ではレーザーや光、エネルギーを利用したサービスの安全な再開を認めています。例えば、British Medical Laser Servicesは、入手可能な最善の最新科学的証拠に基づいたガイダンス文書を発行しています。

美容用レーザー・エネルギー機器市場は、製品、技術、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。製品別では、レーザーリサーフェシング機器、ボディコンタリング機器、美容眼科機器に分かれています。技術別では、レーザーベースの技術、光ベースの技術、エネルギーベースの技術に分類されています。用途別では、脱毛、瘢痕除去・肌の表面処理、肌の若返り、肌の引き締め、その他に分類されます。エンドユーザー別では、マルチスペシャリティセンター、スタンドアローンセンター、美容外科センター&クリニックに分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]