湾岸諸国の鎮痛剤市場、2027年に10億4,791万米ドル到達見込み

湾岸諸国の鎮痛剤市場統計2020-2027

湾岸諸国の鎮痛剤市場規模は、2019年に8億5,108万米ドル、2027年には10億4,791万米ドルに達し、3.2%のCAGRを記録すると予測されています。

痛みとは、組織の損傷や疾患により引き起こされる不快な感覚と感情です。痛みは、変形性関節症、慢性関節炎、糖尿病性神経障害、多発性硬化症、胃潰瘍、線維筋痛症、癌など、様々な病気や怪我によって引き起こされます。痛みの持続時間によって、急性の痛みと慢性の痛みに分けられます。

COVID-19パンデミックは、様々な領域で多くの経済の成長を阻害しています。COVID-19の大流行は、予測期間の初期段階では、湾岸諸国の鎮痛剤市場の成長に影響を与えると予測されます。COVID-19パンデミックは、湾岸諸国の医療システムにストレスを与えており、多くのクリニックの鎮痛サービスは、安全性のために公共サービスとしての営業ができなくなっています。さらに、慢性的な痛みを抱える患者に必要な医療サービスを提供するために、遠隔医療が適切かつ効果的な手段となっていることから、鎮痛剤の需要は予測期間の後半に増加すると予想されます。

慢性的な痛みは、主に骨や関節の老化、神経の損傷や傷が原因で起こります。痛みは、症状を軽減したり、痛みを治療するための特定の薬によって管理されます。痛みのプロセスは複雑であり、様々な生理的メカニズムに作用して痛みを和らげる様々な薬があります。オピオイドは最も処方される鎮痛剤です。オピオイドは、天然および合成のアヘン剤を含む麻薬性の鎮痛剤です。オピオイドは通常、手術後の短期間の痛みなど、急性の痛みに使用されます。モルヒネ、フェンタニル、オキシコドン、コデインなどのオピオイドがあります。

統計によると、アラブ首長国連邦では毎年4,500人の新規がん患者が診断されており、がんは心血管疾患や怪我に次ぐ第3の死因となっています。これにより、治療目的での癌性鎮痛剤の必要性が高まり、湾岸諸国の鎮痛剤市場の成長を促進することが期待されます。

近年、高齢化社会の到来に伴い、鎮痛剤の使用が増加しています。癌、糖尿病性神経障害、変形性関節症、慢性関節炎などの疾患の増加、外科手術の増加、医療費の増加などが、湾岸諸国の鎮痛剤市場の成長を促進する主な要因です。加えて、医療意識の高まりも、同市場の成長を促進しています。しかし、ジェネリック医薬品の増加、ブロックバスター医薬品の特許切れ、疼痛緩和装置などの代替品の利用可能性などが、同市場の成長を阻害する主な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]