局所鎮痛剤の市場規模、2027年に122億1,970万米ドル到達見込み

局所鎮痛剤の市場規模は、2019年には88億6,400万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.2%で、2027年には122億1,970万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の流行は、局所鎮痛剤市場の成長に影響を与えると予想されます。COVID-19のパンデミックは、世界の医療システムにストレスを与えています。膨大な数の診療所等の医療施設が、COVID-19発生時に患者の来院数の減少を経験しました。その後、ほとんどの慢性疼痛施設は緊急性がないと判断され、COVID-19のパンデミック中は、ウイルス拡散のリスクを最小限に抑えるために、外来および選択的なインターベンション治療が制限または中止されました。オピオイド治療を受けているCOVID-19患者は、呼吸抑制の影響を受けやすく、フェンタニルパッチなどの経皮投与時のフェンタニル薬剤の吸収が発熱により増加し、オピオイドの副作用が増加する可能性があります。一方、経皮投与のオピオイド薬を処方された患者には、鎮静、悪心・嘔吐、呼吸抑制などの副作用が現れます。そのため、局所鎮痛剤市場はCOVID-19の影響でマイナスの影響を受けました。

局所鎮痛剤は、炎症や痛みのある部位の皮膚の表皮層に直接塗布します。局所鎮痛剤は、痛みを和らげるように設計されており、皮膚を薬剤投与の手段として利用し、標的部位や中枢神経系に大きな作用を及ぼします。これらの製剤は、鎮痛剤または麻酔剤であり、痛みのある部位またはその周辺に塗布されます。一定期間、血中濃度を比較的一定に保つことで、痛みを和らげる薬をゆっくりと血中に放出することを目的としています。これらの薬は、経口薬に比べて副作用が少ないのが特徴です。局所鎮痛剤には、非オピオイド系薬剤とオピオイド系薬剤の投与があります。非オピオイド系薬剤には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)、サリチル酸メチル、カプサイシン、リドカインなどの非オピオイド系薬剤があります。オピオイド系薬剤には、ブプレノルフィン、フェンタニルなどがあります。

局所鎮痛剤市場は、痛みをもたらす関節炎やその他の骨関連疾患、糖尿病性神経障害などの有病率の増加が主な成長要因となっています。また、経口鎮痛剤に比べて副作用が少ない局所鎮痛剤の採用が進んでいることや、世界的な高齢者人口の増加、スポーツ選手による局所鎮痛剤の需要の増加なども市場成長の要因となっています。しかし、局所鎮痛剤は、皮膚を刺激したり、強い匂いや不快な臭いがするなどの要因があり、局所鎮痛剤市場の成長を妨げています。逆に、外用治療薬のオンラインプラットフォームの開発は、市場に有利な成長機会を提供すると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]