溶射コーティング市場規模、2027年に127億米ドル到達見込み

溶射コーティング市場の展望 – 2027年

溶射コーティングの市場規模は、2019年に80億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.9%で成長し、2027年には127億米ドルに達すると予測されています。

溶射コーティングは、粉体塗料を用いて表面をコーティングする塗装方法です。粉体塗料を溶かして液滴にし、高速で表面に吹き付けます。溶射コーティングは金属基板に適用され、このプロセスは溶射溶接、プラズマ溶射、高速度酸素燃料(HVOF)、フレーム溶射などの異なる名称で知られています。溶射技術は、自動車のエンジン、航空宇宙用タービン、工作機械などの回転体や可動体の部品のうち、浸食、摩耗、腐食、熱などで部品の寿命が短くなるような悪環境下で使用される部品の多くに使用されています。

中国やインドなどの発展途上国では、消費者の可処分所得や支出力の増加、生活水準の向上などにより、自動車の需要が高まっています。国際自動車メーカー機構(OICA)によると、2018年の自動車生産台数は、2017年に比べて8%増加しています。高機能セラミックコーティングは、自動車のエンジン部品に塗布され、燃費を向上させます。

また、高温への耐性などの物理的特性により、部品を酸化から保護しています。この要因により、溶射コーティングの需要が増加することが予想されます。溶射コーティングは、一度塗布すると、目視以外ではどの程度浸透しているのかを判断することが難しい場合があります。また、溶射コーティングは非常に高価な装置を必要とするため、初期導入コストが高くなるという問題もあり、特に医療分野での使用が制限される可能性があります。

自動車、航空宇宙、重機械、軍用・民間航空会社の成長に伴い、溶射技術の使用が増加しています。溶射コーティングは、自動車のピストンリングやシンクロナイザーリングのコーティングに使用されています。また、航空宇宙分野では、エンジンのタービンブレードを高温から保護するために溶射コーティングが使用されており、長期間にわたる信頼性の向上に貢献しています。これらのコーティングは、性能向上のため、硬質クロムメッキに代わる好ましいコーティング方法となっており、こうした要因が市場の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]