スタイラスペンの市場規模、2027年に12億2,000万米ドル到達見込み

スタイラスペンの市場展望 – 2027

スタイラスペンの市場規模は、2019年に8億3,000万米ドル、2020年から2027年にかけて5.5%のCAGRで成長し、2027年には12億2,000万米ドルに達すると予測されています。スタイラスペンは、一般的に、タブレット、スマートフォン、デジタルボード、iPad、iPhoneなどのタッチスクリーン・インタラクティブデバイスで使用される電子入力デバイスです。ユーザーがスタイラスペンのペン先でタッチスクリーンデバイスをタッチすると、インタラクティブデバイスはタッチスクリーン上のスタイラスペンのペン先の位置を認識し、スタイラスペンの位置に応じた操作を行います。

スタイラスペンは、見た目は普通のペンと同じで、筆圧または接触によって動作します。タッチポイントの精度が高く、ユーザーにスムーズなスワイプやクリックを提供する微細なコンタクトポイントを備えています。タッチスクリーンを搭載した電子機器の開発が進むにつれ、スタイラスペンは、トラックパッドやマウスなどのハードウェアポインティングデバイスに取って代わるようになってきました。また、スタイラスペンは、常に清潔で、画面に油性の汚れを残さないなどの利点があります。

さらに、手の大きな人は、画面上の小さなボタンを指で操作することが困難な場合が多いため、スタイラスペンはそのような人に、より優れた精度と操作性を提供します。また、スタイラスペンは、お絵かきやデザインアプリで本物の筆を持っているような自然な感覚で操作することができます。アップルペンやサーフェスペンの使用は、ピクセル単位の正確さ、傾きや圧力の感度、構造上の品質、パームリジェクションのサポートなどの特徴があり、最近のトレンドとなっています。アップルペンとサーフェスペンは、それぞれアップル社とマイクロソフト社から提供されており、これらはスタイラスペン市場で入手可能な最もプレミアムな製品の1つです。

スタイラスペン市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。マウスやトラックパッドなどの他の選択肢と比較して、高い精度や優れた操作性などの要因が、市場の成長を促進しています。しかし、絶え間ない技術開発は、スタイラスペン市場にとって大きな阻害要因となっています。さらに、政府や教育機関のデジタル化への移行の急増は、スタイラスペン市場にチャンスをもたらすと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]