スピーカーアンプの市場規模、2027年に58億米ドル到達見込み

スピーカーアンプの市場規模は、2019年に37億3,000万米ドル、2020年から2027年にかけて7.6%のCAGRを記録し、2027年には58億米ドルに達すると予測されています。

スピーカーアンプは、ソース機器からの低電圧の信号を、スピーカーに十分な電力を持つ信号に変換する装置です。家庭用オーディオシステム、楽器システム、スピーカー、サウンドリインフォースメントなどのサウンドシステムで主に使用されます。アンプの目的は、周波数や波長に影響を与えることなく、信号の振動を最大限に高め、システムの効率化を図ることにあります。スピーカーアンプは、無線通信や放送にも使用されています。

スピーカーアンプは、ポータブル機器やカーオーディオ、ホームオーディオなど様々な製品に内蔵され、様々な機能を備えています。

スピーカーアンプ市場は、家電製品の需要が急増していること、自動車にサブウーファーアンプを内蔵した高性能インフォテインメントシステムを搭載するケースが増えていること、ユーザー体験を向上させるための新しいオーディオ技術の開発などにより、予測期間中に大きな成長が見込まれています。消費者は、ポータブルで持ち運びやすく、高速、低消費電力、高精度などの機能を備えた機器を好むため、メーカーはMP3やポータブルドッキングステーションなどの携帯機器に対応したスピーカーアンプに注力し、高度な機能を開発しています。さらに、世界各地で行われる公共および民間のイベントでのオーディオシステムの需要が増加していることも、市場の成長を促進しています。しかし、オーディオ機器の統合に伴う技術的な欠陥や問題は、スピーカーアンプ市場の成長を妨げる大きな要因となっています。

世界のスピーカーアンプ市場は、出力、用途、地域に基づいて分類されています。電力別では、低電力(5W未満)と中電力(5W~25W)に分かれています。最終用途では、コンピュータ、電話、タブレット、オーバーイヤーヘッドフォン、TWS、ホームエンターテイメント、商業、自動車、ポータブル、スマートホーム、IoT、ウェアラブル、AR/VRに分けられます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本、インド、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)に分類されています。

アジア太平洋地域は、サブウーファー用スピーカーアンプの市場動向が活発化していることから、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。これは、家電製品の普及率の上昇、発展途上国における消費者の可処分所得の増加、広範な技術の進歩などが要因となっています。アジア太平洋地域、特に中国とインドは、家電製品の生産能力が急増していることから、世界のスピーカーアンプ市場において重要な位置を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]