鉄道保守機械市場、2027年に55億2,190万米ドル到達見込み

鉄道保守機械の市場規模は、2019年には37億3,920万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて7.2%のCAGRを記録し、2027年には55億2,190万米ドルに達すると予測されています。鉄道保守は、線路の作動状態を維持するプロセスです。タンピングマシン、タンパー、バラストレギュレーター、ダイナミックトラックスタビライザー、バラストクリーナー、バラストアンダーカッターなどは、鉄道保守に使用される機械の一例です。保守は、あらゆる産業において、機械を円滑かつ効果的に機能させるために非常に重要です。

COVID-19の流行は、国際貿易の停止、長期にわたる閉鎖、製造業や鉄道産業におけるプロセスの停止などにより、世界の鉄道保守機械市場に悪影響を与えています。

急激な人口増加と急速な都市化により、道路の交通量が増加し、ある場所から別の場所への商品の輸送が増えています。そのため、鉄道はより良い、より安い、より安全な輸送手段となっています。また、インドやブラジルなどの発展途上国では、政府による鉄道インフラ整備への投資が増加しており、これが鉄道保守機械市場の成長を促しています。

例えば、インド政府は鉄道部門に2017年に188億米ドル、2018年に212億米ドルの予算を計上しています。また、世界の様々な国が鉄道路線の拡大に継続的に支出しています。例えば、2020年1月、カナダ政府は鉄道インフラプロジェクトの拡大に29億2,000万米ドルを投資することを計画しています。安全・安心・効率的な輸送手段である鉄道システムに対する需要の高まりが、市場の成長を促しています。また、世界的な交通事故の増加は、鉄道保守機械市場の成長につながると予想されます。例えば、世界保健機関(WHO)によると、交通事故による死亡者数は毎年約125万人に上っています。また、ほとんどの国では、交通事故による損失はGDPの約3%にものぼります。そのため、安心・安全で効率的な輸送システムへのニーズの高まりが、鉄道保守機械市場の成長を後押しすると予想されます。

鉄道保守業界では、拡張性、24時間365日利用可能、クラウド型システムなどのシステムに付随する特徴により、IoT(Internet of Things)技術の採用が増加しており、鉄道保守機械市場の成長を牽引しています。しかし、鉄道保守機械は重量物であり、コストも高いことから、一部の発展途上国や経済的背景の乏しい国では、市場の発展を妨げる可能性があります。逆に、鉄道保守機械の技術的統合は、市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]