保険ブローカー市場、2027年に3,950億4,000万米ドル到達見込み

保険ブローカー市場の展望 – 2027

保険ブローカー市場は、2019年には2,650億3,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて7.3%のCAGRで成長し、2027年には3,950億4,000万米ドルに達すると予測されています。保険ブローカーは、経済発展の成長において重要な役割を果たしており、契約者と保険会社の間の仲介者として機能します。保険ブローカーは、保険商品に関する技術的・専門的なアドバイスを顧客に提供します。ブローカーが提供する保険商品には、医療保険、損害保険、健康保険などがあります。保険ブローカーは、顧客と密接に連携して、補償内容に関する顧客のニーズに応えます。そのため、保険ブローカーは消費者を代表して、適切な条件や価格を見つけ出し、それに応じて最適な保険を勧めるのです。

COVID-19の発生は、消費者の保険需要の減少、発展途上国における様々な保険仲介会社の閉鎖、上場している保険仲介会社の株主が日常生活や従来のニーズを満たすための資金を調達するために会社からの出資を取りやめるなど、保険ブローカー市場の成長にマイナスの影響を与えました。

WNSホールディングス社によると、この市場は世界的に見ても大きな成長の機会があるといいます。2019年の保険ブローカー市場は600億米ドルに達すると言われていますが、これは米国と欧州地域が60%以上を占める保険料に大きく貢献しているためです。デジタル技術の進化に伴い、保険仲介会社もビジネスを最適化するための新しい方法を模索しています。プロセスを強化し、コストを削減し、顧客を維持するために、保険仲介会社はAIやビッグデータなどの技術に積極的に投資しており、モバイル機器やIoTなどの利用も拡大しています。これらのテクノロジーは、保険仲介会社に顧客に関する広範なデータとインサイトを提供し、個々のニーズに応じた適切な保険をタイムリーに提供することを可能にします。

保険契約の需要増加、ITと分析ソリューションの統合、専門的なソリューションとサービスの提供などが、保険ブローカー市場の成長を促進する主な要因です。さらに、顧客が保険契約を直接購入することや、保険契約を購入するための代替プラットフォームが大量に出回っていることが、市場の成長を妨げています。さらに、既存の商品やサービスラインへのテクノロジーの導入や、保険政策に関する政府の取り組みが、保険ブローカー市場の予測期間に有利な機会を提供すると予想されます。

生命保険分野は、収入の保証、貴重な投資収益、死亡保障、税制優遇など、エンドユーザーに様々なメリットを提供することから、予測期間中に大きなシェアを獲得すると予想されています。しかし、アジア太平洋地域や中南米の発展途上国では、損害保険のメリットに対する認識が高まっているため、損害保険分野が予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]