HVAC制御装置の市場規模、2027年に199億3,940万米ドル到達見込み

HVAC制御装置市場の展望-2027年

HVAC制御装置の市場規模は、2019年に145億5,900万米ドル、2020年から2027年にかけて5.7%のCAGRを記録し、2027年には199億3,940万米ドルに達すると予測されています。HVAC制御装置は、冷暖房システムの動作を調整するために使用されます。基本的にはセンシングデバイスを備えた制御システムであり、温度などの実際の状態と目標状態を比較するために使用されます。

COVID-19の発生により、各国でロックダウン措置がとられ、産業用、住宅用、商業用のHVAC制御アプリケーションに使用されるHVAC制御装置およびコンポーネントの製造・生産が遅れているため、HVAC制御装置市場の成長に影響を与えています。

工業化の進展に伴い、鉱業や発電所など様々な産業で冷暖房機器の需要が急増しています。また、エネルギーコストの増加や、環境基準に関する厳しい規制により、様々な商業組織や産業界が、営業エリアにHVAC制御装置を導入しています。さらに、操作が簡単なリモートアクセスコントロールシステムの需要が急増していることから、商業、工業、住宅のエンドユーザーによるHVAC制御装置への投資が大幅に増加しています。このような投資の増加は、様々なセンサーを備えた高度なHVAC制御装置の開発につながっています。また、住宅、商業施設、工業施設のインフラ整備により、HVAC制御装置の需要も高まっています。  

インド、中国、メキシコ、ブラジルなどの発展途上国での人口増加により、急速な都市化が進んでおり、これが産業部門の発展を後押しし、その結果、HAVC制御装置市場の需要が増加すると予想されています。2018年5月、国連(UN)によると、2050年までに世界人口の約68%が都市部に住むと予想されています。これにより、世界中で産業の建設活動が活発化し、HVAC制御装置のニーズが生まれると予想されます。同様に、世界各国の政府は、産業インフラの開発を支援しています。例えば、2019年10月、インド政府はインフラ整備のために今後5年間で約1兆4,000億米ドルを支出することを計画しました。同様に、2019年8月、アフリカ開発に関する東京国際会議(TICAD)は、今後3年間でアフリカに200億米ドルを投資することを計画しました。これにより、予測期間中のHVAC制御装置市場の成長が期待されています。しかし、エンドユーザーの認識不足によるHVAC制御装置の採用率の低さ、既存のHVACシステムのアップグレードの複雑さ、原材料価格の変動などが市場成長の妨げとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]