FRP船の市場規模、2027年に16億米ドル到達見込み

FRP船の市場統計 – 2027

FRP船の市場規模は、2019年に11億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは6.4%で成長し、2027年には16億米ドルに達すると予測されています。

繊維強化プラスチック(FRP)は、繊維材料で強化されたポリマーマトリックスの組み合わせです。FRP製の容器は、化学プラント、石油・ガス、廃水処理プラント、鉱業、電力などで使用される最新の機器です。FRPは、1メートルから20メートルまでのサイズの容器を製造するために使用されます。FRP容器は、Bs4994-87, ASME RTP-1, ASTM 3299, SS245:1995といったいくつかの設計基準によって製造されます。これらの設計基準は、容器の厚さ、軸方向応力、フープ応力、物理的特性、ヤング率の規定を保証するために取り入れられています。主な用途以外では、クロールアルカリ製造プラント、パルプ・製紙産業、大気汚染防止装置、電気メッキ用途、ブライン製造プラントなどに使用されています。

COVID-19の発生は、自動車・輸送、化学、石油・ガス、工業などのFRP容器の主要消費者に悪影響を与え、FRP容器市場にマイナスの影響を与えています。

FRP容器市場の成長要因は、軽量で扱いやすく、顧客の要求に応じて容易にカスタマイズでき、設置プロセスが簡単であるなどの利点があるため、化学プラントでのFRP容器の採用が増加していることです。また、地方自治体の廃水処理の必要性が高まり、可搬式の水処理プラントが増加していることも、同市場の重要なトレンドとなっています。一方、FRPは弾性率が低いため、FRP製の容器は剛性が低く、長期耐熱性に乏しく、紫外線の影響で性能が低下しやすいという問題があります。これらの要因は、予測期間における市場の成長を妨げる要因になると考えられます。しかし、FRP製の容器は、鉄製や金属製の容器に比べて、移動や取り扱いが容易で、設置コストも最小限に抑えることができます。

FRP船市場は、繊維タイプ、樹脂、用途、地域に基づいて分類されています。繊維の種類に基づいて、同市場はガラス繊維、炭素繊維、その他に分類されます。樹脂に基づいて、ポリエステル、エポキシ、その他に分類されます。用途別では、自動車・輸送、上下水道、化学、石油・ガス、工業、その他に分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。現在、同市場ではアジア太平洋地域が最大のシェアを占めており、次いで北米、欧州となっています。

FRP船市場における主要な企業は、Sainath Industrial Corporation (SIC)、Plas-Tank Industries Inc.、Augusta Fiberglass、Group Surya、JRMS Engineering Works、TROY Dualam Inc.、Kaymo Fiber Reinforced Plastic Manufacture Co. Ltd.、Swami Plastic Industries、Pramer、Link Engineersなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]