繊維強化複合材の市場規模、2027年に1,316億米ドル到達見込み

繊維強化複合材の市場展望 – 2027年

繊維強化複合材の市場規模は、2019年に845億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて5.9%のCAGRで成長し、2027年には1,316億米ドルに達すると予測されています。

繊維強化複合材(FRC)は、強化繊維とマトリックスと呼ばれる2つの材料を組み合わせたものです。強化繊維とマトリックスは、適切に選択された場合、高い強度と剛性を持ち、かつ軽量化されます。強化繊維の役割は、マトリックスに強度を与えることであり、マトリックスは外部からの摩耗や損傷から繊維をサポートします。FRCに使用される強化繊維には、天然繊維と合成繊維の2種類があります。天然繊維には、コイア、パーム、ヘンプ、ルファなどがあり、合成繊維には、カーボン、ガラス、アラミドなどがあります。合成繊維は剛性が高く、天然繊維は安価で生分解性があるため、環境に優しい素材です。また、2種類の繊維を組み合わせてマトリックス材料とブレンドし、ハイブリッド材料を形成する方向性も検討されています。

繊維強化複合材市場は、現在、建設、自動車、航空宇宙産業が牽引しています。建設業界では、FRCはスチール製の建築構造物の代替品として使用されています。ポリマーコンポジットは、スチールよりも強く、スチールよりも25%軽いという特徴があります。また、FRCは腐食や磨耗に強いという特徴があります。

アルミ製の自動車部品に比べて、成形性や引張強度が高く、軽量であるため、自動車の安全性や軽量化、低燃費化に貢献します。炭素繊維を使用したFRCは、従来の鉄やアルミに比べて軽量です。これらは、自動車の構造部品の製造に使用されています。また、世界的な電気自動車市場の成長により、FRCの需要が予測期間中に増加すると予想されています。複合材料を使用することで、ドライブトレインの重量を減らすことができ、電気自動車の走行距離を伸ばすことができます。また、ドライブシステムの電気的・機械的特性の向上にも役立ちます。

さらに、複合材料は航空機の構造部品にも使用され、航空機の軽量化に貢献しています。FRCから作られた機体は、より丈夫で強いものとなっています。さらに、軽量化により、より多くの乗客を乗せ、より少ない燃料での飛行が可能になりました。航空宇宙分野では、エアタクシーや大型ドローンなど、繊維強化複合材を利用したイノベーションが進んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]