企業資産リース市場規模、2027年に1兆7,600億米ドル到達見込み

企業資産リース市場の展望 – 2027年

企業資産リースの市場規模は、2019年には8,202億7,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて12.3%のCAGRで成長し、2027年には1兆7,600億米ドルに達すると予測されています。企業資産リースとは、一方の貸主が他方の借主に対して、一定の定期的な支払いを条件に、資本財やその他の資産(ユーティリティビークル、商業用機器、医療機器、ITソフトウェアなど)を業務目的で使用する権利を付与する契約です。

COVID-19は、個人の生活に影響を与えるだけでなく、企業や事業体にも大きな影響を与えており、その結果、ソフトウェア、資本設備、車両の需要が鈍化していることがわかっています。このような需要の低下は、経済の流動性危機に起因します。このような状況下で、多国籍企業をはじめとする企業は、多額の初期投資をすることなく有形固定資産を使用する権利を得ることができるため、リースは強力な資金調達手段であることが証明されています。

企業資産リースは、標準的な借入方法と比較して、高い収益性、税制上の優遇措置、インフレに対応した安全な投資など、複数の利点があります。さらに、企業資産リースは、企業に少ない資本投資で可動式の資本設備を使用または取得する機会を与えることで、企業の成長にも貢献します。企業の生産能力を向上させるだけでなく、購入のリスクを負うことなく機器を使用することができます。これらの要因により、企業の運営コストを削減し、経済的パフォーマンスを向上させ、消費者に普及させることができます。

実用車の世界平均価格の上昇、陳腐化リスクの回避、税制優遇、使用資本利益率の向上などが、世界の企業資産リース市場の成長を促進する主な要因となっています。しかし、様々な債務者からの負債の増加と高コストが市場の成長を妨げています。一方で、新興国の未開拓の可能性や、リースサービスに対する政府の支援や取り組みの急増は、予測期間中の企業向け資産リース市場の拡大に有利な機会を提供すると考えられます。

資産タイプ別では、2019年の企業向け資産リース市場は商用車セグメントがリードしており、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。商用車の需要の伸びは、自動車会社が市場で金融を利用できるようにするため、企業資産リース市場の上昇を続けています。これは、組織の意思決定能力を向上させ、ビジネスリソースを効率的に活用するために、IT機器やソフトウェアをリースで導入する傾向が通信事業者の間で高まっているためです。

地域別では、2019年の企業向け資産リース市場シェアは北米が独占しており、予測期間中もその地位を維持することが予想されます。この地域の企業資産リース市場の成長を促進する主な要因としては、米国における主要プレイヤーの存在があり、その結果、事業活動を行い利益を上げるために、同国で商業用機器の大規模なリースが行われていることが挙げられます。 しかし、欧州では、企業向けリースサービスのプロバイダーが、消費者の間で資金調達に関する意識を高めるための基本的な要件である、保険、メンテナンス、フリートサービスを大手製造企業に提供することに注力しているため、予測期間中に大きな成長率を示すことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]